制作実績

余命半年からの生還

「余命半年」宣告から奇跡的に癌を消滅させた男の奇跡の闘病記。

ジャンル
ドキュメント ノンフィクション 暮らし・健康・子育て
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344916777
判型
文庫・330ページ
出版年月日
価格
660円(税込)

目次

はじめに
第一章 がんの宣告
第二章 手術前夜まで
第三章 手術のとき
第四章 転移に脅えながら
第五章 光と闇の日々
第六章 腸閉塞
第七章 癒着した腸の不調と闘いながら
第八章 がんに備える
対談 私は、どのようにしてがんから生還したのか
小野允雄×赤須孝之(主治医・国立がんセンター中央病院 大腸外科医長)
あとがき

内容紹介

2002年2月、国立がんセンター中央病院で大腸がんを宣告された。事態は更に暗転し、大腸がんが腹膜に転移する腹膜播種(ふくまくはしゅ)であると診断を受ける。さらに主治医は、家族に「5年生存率0パーセント、余命半年程度」と伝える――。
絶望の淵を彷徨いながらも、家族や主治医の温かな支えを得て病と闘い、抗がん剤治療と手術を繰り返して奇跡的にがんが消滅した男の、壮絶なノンフィクション。「生きたい」という切なる思いが、読む者を勇気づけてくれる渾身の闘病記、待望の文庫化!

テキストのコピーはできません。