書籍案内

書籍案内

自費出版:HOME > 書籍検索 > 書籍詳細

書籍詳細

心眼をひらく

新刊

心眼をひらく

─未来を創る人たちへのメッセージ

新しい価値創造に大切なものの見方、考え方を説くエッセー集。


目次

はじめに

第一章 ものの見方・考え方
1 それはRight wayですか
2 研究者・開発者もマネジャーも――技術開発の基本
3 プライオリティの尊重
4 真実を摑むのは難しい
5 10年先を読むのか、10年先を創るのか
6 計算尺の時代、スパコンの時代
7 学びて思わざれば則ち罔し
8 発想の飛躍
9 ハザードとリスク

第二章 組織
1 産学連携
2 活力ある組織づくり
3 ノーベル賞と織田信長

第三章 研究
1 異方性を工学する
2 いにしえに学ぶ異方性学の根幹
3 マイクロ・ナノ技術の核心

第四章 技術
1 自動車と脳型コンピューティング
2 中国ハイテク事情とニッポン
3 土嚢の工学
4 計測技術は進歩発展の基礎

第五章 行動学
1 分かりやすい話し方
2 あるがままの自分でよいではないか
3 生き生きと働く
4 専門は何ですか
5 次の一手

おわりに

内容紹介

研究・開発のトップマネジメントに携わった著者が、心静かに日常の出来事を見つめ、そこから発見した、思いがけない課題や気づきについて、「第一章 ものの見方・考え方」「第二章 組織」「第三章 研究」「第四章 技術」「第五章 行動学」の5章で語る。

榊 佳之氏(元豊橋技術科学大学学長、ヒトゲノム国際機構〈HUGO〉会長、文化功労者)推薦!
「本書は我が国のトップ企業で技術開発を主導し、技術王国日本を支えた原邦彦博士が、その豊かな経験と深い洞察力、人生哲学を基に、次代の日本を担う世代へ送る渾身のメッセージである。今日の社会では情報が溢れ、政治も経済も激動し、我々は何が本質か、何が大切かを見失いがちである。本書は著者の長い人生経験を基に、様々な事例を取りあげながら、この激動の時代に個人として組織として、事の本質を見極め、進むべき道を考えさせてくれる得難い良書である。」

■著者紹介
1947年愛知県に生まれる。
1969年名古屋大学工学部卒業。
株式会社デンソー取締役基礎研究所長、
株式会社日本自動車部品総合研究所専務取締役、
株式会社コンポン研究所取締役副所長を経て、
2010年豊橋技術科学大学に特命教授として着任。
2013年より同学研究推進アドミニストレーションセンター長、
2016年より副学長を務め現在に至る。
工学博士(名古屋大学)、専門は半導体工学。

主な公職
2010年4月 公益社団法人 日本工学アカデミー監事
2016年4月 公益財団法人 科学技術交流財団理事
2016年7月 公益社団法人 日本工学アカデミー中部支部副支部長
所属学協会・団体
応用物理学会(終身会員)、日本化学会(正員)、電気学会(正員)、自動車技術会(正員)

各種お問い合わせ

  • TEL03-5411-7188

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目9番7号

アクセスマップはこちら

原稿見積もり依頼はこちら

Facebook 幻冬舎ルネッサンス編集部

公式ツイッター 幻冬舎ルネッサンス新社編集部

公式インスタグラム 幻冬舎ルネッサンス新社編集部


お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント