制作実績

私がなぜ旅行作家になったか

日本初の旅行作家が伝える、世界の真実と日本の未来。

ジャンル
エッセイ 単行本 ノンフィクション 歴史・地理 スポーツ・ホビー 旅行
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344915947
判型
4-6・232ページ
出版年月日
価格
1210円(税込)

目次

 序章 目覚め

第一部 あまたの国のさまを見て
 第1章 日々の証し
 第2章 万華鏡
 第3章 モザイクの日常、生と死

第二部 踏査旅行
 第4章 荒野の情婦
 第5章 謎の多い西アジア
 第6章 ハバナのヘミングウェイ博物館

第三部 日本をたぐる
 第7章 野文人の故郷

終章 旅行作家への思い

内容紹介

「いまの子どもはもやしっ子」
この批評が多くのメディアで報道されていた1960年代。
日本は自国の後継者である子どもたちを
「もやしっ子」と非難するばかりで、まるで他人事だった。

「もやしっ子がだめなら、もやしっ子でないようにしてやればよいではないか」
そう考えたのは、当時27歳のたった一人の若者であった。

彼の名前は森田勇造。日本人にして初めて、
陸路による世界一周をやり遂げた男である。

彼は、自分の足で世界中を踏査し、
その国々の民族と生活を共にした。
自分で世界を見て、聞き、接し、感じたことで
「日本人」、「日本」とは何なのかが初めてわかった。

どんなに素晴らしい文明社会でも、
その社会を知らなければ、今後の発展は望めない。
日本人も、「日本」を知らなければ、
日本のより良い後継者を育てることはできないのだ。

「俺がやらなきゃ、誰がやる!」
――これは、日本の青少年教育を支えた、
ある一人の男の知られざるはじまりの物語。

■著者紹介
森田勇造 (もりた ゆうぞう)
昭和15年高知県宿毛市生まれ。
昭和39年以来、世界(142ヵ国)の諸民族の生活文化を踏査し続ける。
同時に野外文化教育の啓発、実践に努め、青少年の健全育成活動も続ける。
元国立信州高遠青少年自然の家所長、元国立大学法人東京学芸大学客員教授。
現在、公益社団法人青少年交友協会理事長、野外文化研究所所長、野外文化教育学会顧問、一般財団法人国民公園協会評議員、博士(学術)、民族研究家、民族写真家、旅行作家。

■主要書籍
『これが世界の人間だ─何でもやってやろう─』(青春出版社、昭和43年)
『未来の国オーストラリア』(講談社、昭和45年)
『ユーゴスラビア』(講談社インターナショナル、昭和48年)
『日本人の源流を求めて』(講談社、昭和48年)
『遥かなるキリマンジャロ』(栄光出版社、昭和52年)
『世界再発見の旅』(旺文社、昭和52年)
『わが友、騎馬民』(学研、昭和53年)
『日本人の源流』(冬樹社、昭和55年)
『シルクロードに生きる』(学研、昭和57年)
『「倭人」の源流を求めて』(講談社、昭和57年)
『秘境ナガ高地探検記』(東京新聞社、昭和59年)
『チンギス・ハンの末裔たち』(講談社、昭和61年)
『野外文化論』(学研、昭和62年)
『アジア大踏査行』(日本文芸社、昭和62年)
『天葬への旅』(原書房、平成3年)
『シルクロードのひみつ』(講談社、平成4年)
『大人になるための心得』(サイマル出版社、平成4年)
『ユーラシア二十一世紀の旅』(角川書店、平成6年)
『「生きぬく力」を育てる』(くもん出版、平成9年)
『グリーンアドベンチャー植物図鑑』(公益社団法人青少年交友協会、平成9年)
『江南紀行』(東京図書出版会、平成12年)
『アジア稲作文化紀行』(雄山閣、平成13年)
『やさしい子どもは自然が育てる』(悠飛社、平成13年)
『グリーンアドベンチャー指導解説書』(公益社団法人青少年交友協会、平成15年)
『生きる力』(ぎょうせい、平成16年)
『地球を歩きながら考えた』(原書房、平成16年)
『世界40カ国の自然観』(公益社団法人青少年交友協会、平成17年)
『世界71カ国の野外伝承遊び』(公益社団法人青少年交友協会、平成18年)
『安全・安心とこころの保障』(世論時報社、平成20年)
『野外文化教育としての体験活動─野外文化人のすすめ─』(三和書籍、平成22年)
『写真で見るアジアの少数民族』①~⑤(三和書籍、平成23年~24年)
『逞しく生きよう』(原書房、平成25年)
『ガンコ親父の教育論─折れない子どもの育て方─』(三和書籍、平成26年)
『ビルマ・インパール前線 帰らざる者への追憶─ベトナムからミャンマー西北部への紀行─』(三和書籍、平成27年)
『日本人が気づかない心のDNA─母系的社会の道徳心─』(三和書籍、平成29年)

テキストのコピーはできません。