制作実績

わるい奴ら

光を求めもがく人々の姿を映し出した五篇の短編小説集。

ジャンル
小説 単行本 文学・評論 人文・思想
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344915879
判型
4-6・202ページ
出版年月日
価格
1210円(税込)

目次

わるい奴ら
寒冷前線
オードリー
死者の奪還
四人の同窓会

内容紹介

「この会社は伏魔殿だ。仕掛けられた罠に私は落とし込まれたのだ」
ヘッドハンティングされ転職した先は、敵ばかり!?
孤立無援の杉谷は、はたしてミッションを遂行できるのか?
――「わるい奴ら」

「営業は数字です。
できないということは、営業本部長から降りるということですか?」
ままならない会社の状況と野心家の上司に翻弄され、
追い込まれていく安藤。部下を救うため、最後に下した決断はいかに。
――「寒冷前線」

バーで偶然出会った女性・オードリーと意気投合し、その日のうちに関係を深めたマサハル。
オードリーの家で夜中に目を覚ましたマサハルは驚くべき光景を目の当たりにし、オードリーの心の闇に触れていく。
――「オードリー」

「妻が死んだあと、弟が私に
『持っている本はすべて棄てていけ!』と言ったんだ……。」
妻を失い気を落とす永田。
弟の言葉に隠された真意は何だったのか。
――「死者の奪還」

旧友三人で行った同窓会。
亡くなったもう一人の友人・水島の話をしているうちに、
三人はその場に水島が存在しているかのような感覚を抱いていき……。
――「四人の同窓会」

大切な人を亡くした喪失感、
組織の檻の中で身動きのとれない息苦しさ、
何年経っても癒えない心の痛み。
日曜作家・竹本晟一 衝撃のデビュー作。

■著者紹介
竹本晟一(たけもと せいいち)
1954年生まれ。神奈川県藤沢市在住。
日曜作家。

テキストのコピーはできません。