制作実績

空海に学ぶマインドセット

空海の教えから世界の問題を紐解く、新しい密教の入門書。

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344915800
判型
4-6・300ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

序 章  なぜ、空海なのか
四国八十八ヶ所霊場巡礼のなかで見た「龍」
独善的な一神教
日本に入ってきた宗教は日本教と化す
提案の章  知価社会で求められる自利利他の生き方
1.信仰とは何か
2.あれはあれ、これはこれの宗教
  あれはあれ、これはこれ
  微笑こそ最高の手段
3.これからの経済活動に求められるもの
  菩薩道と四つのテスト
  金融工学者の挑戦(ソーシャル・インパクト)
  耐震木材、耐火木材、セルローズ・ナノ・ファイバー(CNF)
4.これからの社会が求めるリーダーの有り様
5.継続性の文化「数字より人間関係を重視する」
第一章  現在の社会に何が起こっているのか
  1.巨大化したヘッジファンド
  2.アメリカモデル
第二章  アメリカは宗教国家
  1.近代社会とキリスト教
  2.カソリック教会の堕落
  3.キリスト教に欠落しているもの
  4.イエスの説く心構え
    キリスト教の説く勇気
  5.聖書文化の広報の殿堂ハリウッド
  6.『コーラン』が生まれる
    宗教と仏法
  7.プロテスタントの誕生
  8.アメリカ合衆国は宗教国家
  9.アメリカ人の考えている使命
    終末論
    ヨハネの黙示緑
    懺悔の思想
    聖絶と奉仕
    予定説
  10.キリスト教が認めた利子
第三章  日本人は日本教教徒
  1.あれはあれ、これはこれ(融通無碍)
  2.日本に生まれなかったファンダメンタリスト
  3.歌にみる天皇のお姿
    硫黄島の米国国旗
  4.神の位置
第四章  宗教と経済活動
  1.見えざる手
  2.宗教と経済活動
    大乗と小乗
    インドからの仏教の消滅
    インド人の考える仏の世界(浄土)とコーランの示す天国
    信用された仏教の出家者
    近江商人
第五章  密教入門
  1.密教とは「欲」を肯定的にとらえ、仏教の最終段階で発展した宗教
    慈悲とは仏さまの広大な愛です
    密教経典の『大日経』と『金剛頂経』が生まれる
    密教の僧侶は、師資相伝の衆生済度の方法を授かっている
    仏教の分類と経典
    日本の密教と浄土教
    密教の経典の説法者は大日如来
    密教行者の通力
  2.釈迦の「苦」から、仏教が生まれた
    釈尊の苦と安田英胤師の経験
    「生」が、なぜ「苦」なのか?
    釈尊も空海も親鸞も、「苦」を分かちあっている
  3.仏教の経典と教判には、何が書かれているのか
    膨大な仏教経典と釈尊
    空海と教判
  4.仏法とキリスト教の違い
    神と預言者と救済者
  5.瑜伽による仏典
    仏典の条件
    仏典の形式(六成就)
    口伝などで受け継がれてきた経典
    真言宗と加行
    輪廻転生を考える
    人間の右脳と左脳の機能差とは?
    輪廻転生と右脳力
    右脳による体験
    瞑想や瑜伽は、右脳力を高める
  6.空海の教判
    十段階のレベル
    『華厳経』が第九住心なのは、なぜなのだろう?
    経典は七つ場所(会座)で展開する
    出家前と出家後の歩みとは?
    第十住心の「秘ひみつしようごん密荘厳心」
  7.唯心論の展開
    唯識と潜在意識
    仏教の「一切皆空」と輪廻転生
    遺伝子の多くの情報は、ミトコンドリアDNAに存在する
    唯識説とは?
    アンマラ識と量子論
    具象化した心
    一切皆空と縁起
    涅槃(悟り)にこそ心の安らぎがある
    密教の法界と宇宙
  8.『般若心経』はお経なのか
    密教の視点、『秘鍵』
    知識と智慧
    チク(般若菩薩)、マン(文殊菩薩)がすべてを現す
    仏は心の中に存在する
    『心経』の心とは
    古い訳書には、「経」の文字はない
    般若心経は、招福の経典(呪)
    苦を抜き、楽を与え、道を得、通を起こす
第六章  戒を考える章と善巧方便
  1.日本に伝わった密教
    密教の経典には何が書かれているのか
  2.密教の説くリーダー
    金剛薩埵たる出家者には何が必要なのか
    十戒と十善戒
    善巧方便とは
    戒とは何か
    義務を説かない昭和憲法
第七章  「欲」を肯定する眞言密教を考える章
  1.『大日経』「住心品」には何が書かれているのか
    「住心品」(入真言住心品 第一)について
    三句の法門
    大日如来とゴッドの違い
  2.『金剛頂経』が求めているもの
    所願成就の方便門を説く密教
    「空」から「有」を生む瞑想法
    魔群(四魔)とは何か
    金剛の如き決意
    密教は、「空即是色」の宗教
    天部の神々を降伏する降三世
  3.『理趣経』はセックスの経典か
    『理趣経』とは
    最澄と空海の軋轢
    『理趣釈経』から、見える知識より知恵
    妙適清浄句是菩薩位
    『理趣経』を受持し、読誦する功徳
    ほほえみの威力
    「感謝」とは
あとがき
参考文献
写経「般若心経」英語版
仏教言葉

内容紹介

世界では、今様々な問題が起こっている。経済の不安やテロ活動、戦争など絶え間なくニュースに流れ込んでくる。その中で、「日本」という島国に生まれた私たちは、いかにして生きていくべきなのだろうか。本書では、現在世界で起こって起こる問題を詳しく解説しながら、その背景にある宗教問題を取り上げ、そこから問題解決の糸口を探る。
経済の問題も各国で起こるテロ活動も、その背景は根強い宗教の違いにあり、お互いにそこを理解することで、より平和な社会を築くことができると著者は言う。昨今のグローバル社会において、日本人が海外へ進出する機会も大幅に増えた。そうした状況の中においても、やはり宗教について知っておくことで、海外に行ったときにお互いにいらぬ勘違いをする場面も減るだろう。
さらに、日本の宗教独特の「あれはあれ、これはこれ」という考え方に対して、日本人である自分たちが理解を深めていることで、海外に進出しても活躍するグローバル人材になることができるかもしれない。
今を生きる人たちに、量若男女問わず読んでほしい、まったく新しい密教の入門書。

■著者紹介
平岡龍人 (ひらおか たつと)
S15年10月28日大阪生
学歴
S39 甲南大学法学部卒
H20 佛教大学大学院仏教学専攻卒、文学博士
職歴
S39より(学)清風学園教諭、副校長、専務理事
H13より(学)清風明育社、清風情報工科学院理事長・学院長
役員
高野山真言宗 大御堂山光平寺 住職
(財)大阪ユースホステル協会 会長
(公社)全日本高等学校ギター・マンドリン音楽振興会 会長
大阪赤十字病院外部評価委員会 委員
(財)大阪脳神経外科病院 評議員
(株)田淵電機 独立評価委員会 委員
(一財)伊藤忠兵衛基金 理事
(特NPO)南大阪地域大学コンソーシアム 理事
(特NPO)SKC企業振興連盟協議会 船場経済倶楽部 会長
S55 大阪青年会議所の理事長として世界会議を主管
H14 関西経済同友会 常任理事
H16 大阪ロータリークラブ会長
H20 大阪青年会議所セネター会会長
著書
H2  『日本化の時代』世界をリードする日本の感性【教育社】
H8  『徳・健・財』三福思考のすすめ【河出書房新書】
H17  『神なき国ニッポン』【新潮社】(上田篤氏と共著)
H23  密教経軌の説く『金剛薩埵の研究』 【永田文昌堂】
H24  『私にもわかった真言密教』【永田文昌堂】

テキストのコピーはできません。