制作実績

40歳までに知っておきたい 民法のキホン

民法を知らなければ、人生を楽しむことはできない。

ジャンル
実用書 生活・暮らし 単行本 ビジネス・経済・キャリア スポーツ・ホビー
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344915695
判型
A5・162ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

第1 章 仕事にまつわる話
問題 1-1 従業員への罰金は許されるか?
問題 1-2 残業代は1分単位?
問題 1-3 残業は犯罪?
問題 1-4 管理職の残業代
問題 1-5 残業代請求に必要な証拠
問題 1-6 ブラック企業と闘う方法
問題 1-7 労働組合の威力
問題 1-8 退職させてくれないときの対処法

第2 章 終活にまつわる話
問題 2-1 「終活」は一般庶民には関係のない話?
問題 2-2 相続放棄の注意点
問題 2-3 相続放棄の誤った使い方
問題 2-4 相続人がいない場合
問題 2-5 遺産分割の実際
問題 2-6 骨肉の争いを避けるには?
問題 2-7 利用の増えない成年後見制度 ~おじいちゃんの生きがい~
問題 2-8 民事信託の威力
問題 2-9 ペットに財産を相続させたい!
問題 2-10 いわゆる「親亡き後問題」
問題 2-11 実家売却のための信託
問題 2-12 事業承継と信託
問題 2-13 民事信託の留意点

第3 章 男女にまつわる話
問題 3-1 当事者の一方が離婚を拒んでいる場合
問題 3-2 別居中の離婚調停
問題 3-3 離婚原因
問題 3-4 裁量棄却のしくみ
問題 3-5 婚姻費用
問題 3-6 婚姻費用の請求が権利の濫用になる場合
問題 3-7 過去に遡っての請求
問題 3-8 婚姻費用・養育費の金額
問題 3-9 慰謝料の相場
問題 3-10 財産分与
問題 3-11 ゲス不倫
問題 3-12 婚姻破綻中なら不倫にならない?
問題 3-13 差別のない日本を目指して

第4 章 司法書士にまつわる話
問題4-1 民法改正 145
問題4-2 アイドルの恋愛禁止は憲法違反?
問題4-3 司法書士と弁護士の違い
問題4-4 本人訴訟支援
問題4-5 本当の意味で法的に成熟した社会とは?

内容紹介

「残業代は1分単位で請求できる?」
「退職するまでに必要な期間は1ヶ月?2週間?」
「ペットに財産を相続することはできる?」
あなたは、これらの答えを正確に知っていますか。実はこれ、すべて民法で定められているのです。
民法は私たちの生活に直結しているにもかかわらず、多くの人々が関心を持っていないのが現状です。ですが、民法を知っていることで、ブラック企業と戦うことができたり、離婚や相続問題でも自分の身を守ることができるなど、まさにスポーツのルールのように知っているのといないのでは大違いなのです。
本書は、現役の司法書士が身近なニュースなどを題材にオリジナルの問題を作り、それを解説するという参考書形式で、誰が読んでもわかりやすく、民法の基礎知識を学ぶことができます。
これを機会に、あなたも民法の知識を手に入れて、人生を楽しみましょう!

■著者紹介
・福島県郡山市生まれ、東京都町田市出身
・東京 第6691 号 認定 第1301084 号
町田支部 現役司法書士
・終活カウンセラー
(一般社団法人「終活カウンセラー協会」登録)
・東京司法書士会 町田支部役員
・東京司法書士会 三多摩支会 社会問題対策部
司法過疎委員会副委員長
・一般社団法人 日本財産管理協会 認定会員
・一般社団法人 民事信託推進センター正会員
・認知症サポーター養成講座受講、オレンジリング修得
・傾聴・カウンセリングに関する専門的なトレーニングを積んでいる
・語彙・読解力検定1級、漢字検定準1級、気象予報士試験合格(未登録)
・趣味:百人一首

テキストのコピーはできません。