制作実績

風景の鼓動 人生は旅、驚きと発見は心の友

元外交官が導く、人と風景の生きた心の交流を綴った紀行エッセイ

ジャンル
エッセイ
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344915152
判型
4-6・256ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

第1章 フランス紀行 ~パリの風景と歴史~
第2章 シンガポール紀行 ~現代の奇跡、大国並みの経済力と抑止力~
第3章 イタリア紀行 ~ローマ文明の遺産と風光明媚を誇る~

内容紹介

外交官として世界各地を駆け回った著者・石河正夫。彼は何を見、何を感じたのか。外交裏話、風景現象、各国の歴史、文化―-。人と風景の生きた心の交流を綴った、全く新しい視点の紀行エッセイ。

■著者紹介
愛媛県松山市生まれ。
松山南高校卒。1960年京都大学法学部卒業後、外務省入省。本省では、北米局にて沖
縄返還交渉、経済局にて対米国経済問題、G7サミット(特に、1979年の東京サミット)、科学万博(国際博覧会条約の第3次改正のための事務や国会承認への根回し、パリでの国際会議への出席等)、領事移住部にて対共産圏先端技術流出防止等の仕事に携わる。
在外では、米国(ワシントンDC、シカゴ)、アジア(シンガポール、ネパール、パキスタン)等の公館に勤める。1999年3月、駐パキスタン・カラチ総領事を退任。
1999年4月~2007年3月まで明海大学客員教授(国際政治、日本外交等を担当)。現在、日本国際問題研究所、霞関会、日本シンガポール協会等の会員。

テキストのコピーはできません。