書籍案内

書籍案内

自費出版:HOME > 書籍検索 > 書籍詳細

書籍詳細

【抽象・具体の往復思考Ⅲ】 数学的思考とは何だ?

新刊

【抽象・具体の往復思考Ⅲ】 数学的思考とは何だ?

人と人との関係はすべて、「自由」の数量的状態である


目次

『碁は生き残った』『私の宇宙旅行途中下船』『「同一物の数量的状態」としての世界』『自由の正体』『大森荘蔵「時は流れず」論を聴きながら、私の時間論を深める』『私は「血を入れ換えて」生きている』『不毛の年』

内容紹介

京都法曹文芸「奔馬」の編集長を1988年の創刊号から約20年務めた著者による随筆・小説集。
第2弾『【抽象・具体の往復思考Ⅲ】 笑いとは何だ?』が話題を呼び、早くも第3弾を刊行。
「奔馬」に掲載された約70作品のなかから今回は、世界を「数量的状態」として認識するという試みで著した作品を選定。
装丁は、立木義浩氏(写真)、町口景氏(デザイン)。

■著者紹介
1938年生まれ。1964年、京都大学法学部卒業。出版社勤務を経て、1972年から2013年まで弁護士。
京都法曹文芸「奔馬」第1号から第33号まで編集長を務める。
著書に『抽象・具体の往復思考─安田健介傑作選─』(幻冬舎メディアコンサルティング、2016年)、『抽象・具体の往復思考Ⅱ笑いとは何だ?』(同、2017年)がある。

各種お問い合わせ

  • TEL03-5411-7188

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ケ谷3-39-1
北参道サンイーストテラス2F

アクセスマップはこちら

原稿見積もり依頼はこちら

Facebook 幻冬舎ルネッサンス編集部

公式ツイッター 幻冬舎ルネッサンス新社編集部

公式インスタグラム 幻冬舎ルネッサンス新社編集部


お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント