制作実績

享保に咲く

他のものを思いやり、己の正義を貫いた武士たちを描いた短編​歴史小説集。

ジャンル
小説 単行本 文学・評論 歴史・地理
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344914582
判型
4-6・316ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

戦国姫無常―小説 鶴姫伝説

帰雲城―一夜で滅びた白川郷土の黄金郷

享保に咲く―芋代官・井戸平左衛門正明始末記

最後の武士道―神戸の街を救った瀧善三郎正信物語

内容紹介

兄を失い、恋人をも失いながら、自ら戦地へ赴いた鶴姫伝説を描いた「戦国姫無常」
埋蔵金の言い伝えをもつ“一夜にして滅びた白川郷土の黄金郷”の謎にせまる「帰雲城」
自らを犠牲にして、農民を思いやった武士の生き方が心にしみる表題作「享保の花」
神戸の街を外国軍の占拠から救った滝善三郎の生き様を描いた「最後の武士道」

戦国から幕末まで、実話に基づいた4話を収録。

■著者紹介
黒川十蔵(くろかわじゅうぞう)
座右の銘/琴線を研ぎ澄まして隠れた名もなき英雄の物語を書く
信条/書きたい物語を書きたいときに書く
著書/『幕末を呑みこんだ男 小説 五代友厚』(2013年10月29日刊行 産経新聞出版)、『女は沖を漕ぐ 御手洗遊郭ものがたり』(2017年4月10日刊行 カストリ出版)、『海武士の詩』2017年9月12日刊行 幻冬舎メディアコンサルティング)

テキストのコピーはできません。