制作実績

病の中で

医師、患者、家族、それぞれが抱える病への想い
現役医師が描く「生きる」ことを見つめ直す10編の物語

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344913707
判型
4-6・164ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

越川先生
祈りと囁き
見送り
再出発
私は生きている
喪失
朝の光

背中の悲しみ
老人と新米医者

内容紹介

医師歴7年目の竹田は、越川という終末期を迎えた患者を担当することになる。越川は医師歴50年の大先輩だ。自分の運命を悟っている越川に対して、竹田はどう接すればいいか悩んでいた。
ある日、越川は、竹田に今までの医者人生を話し始める。(「越川先生」)

企画統括部長の斎木は出世争いの最中、大腸がんを宣告される。治療を続けながら会社に復帰することができたが、社内でのがん患者への風当たりは厳しかった。(「再出発」)

老人はがんを患った。衰弱してきても、頑固さは変わらない。妻に先立たれ、息子とも断絶している。しかし、誠実な新米医師との交流で、頑固な老人は次第に心を開いていく。(「老人と新米医師」)

日々「生きている」ことを意識するのは難しい。病という孤独を通して、「生」の尊さをかみしめる10編の物語。

■著者紹介
1951年生まれ。内科医、医学博士。
現在も病院勤務医として、地域医療に従事している。

テキストのコピーはできません。