制作実績

継がない子、残したい親のM&A戦略

従業員や家族を守り、会社を残す「事業承継型M&A」の入門書。

ジャンル
単行本 ビジネス・経済・キャリア 投資・金融・会社経営 スポーツ・ホビー
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344913646
判型
4-6・222ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

はじめに
第1章 今、地方都市の中小企業がおかれている「危機的状況」とは?
第2章 事業承継の準備は、60歳スタートでも遅すぎる?
第3章 地方企業がM&Aを安全に進めるための「基礎知識」
第4章 M&Aという「大仕事」を成功させた経営者に学ぶ、ハッピーリタイア術
特別対談 「地方企業の現在と未来」
おわりに

内容紹介

特に地方の中小企業では、跡継ぎがいないために、将来に会社を残すことをあきらめてしまう社長が多いのが現状だ。新潟でM&Aのコンサルタント業を営む著者のもとにも、息子が会社を継がないことで、会社を残す方法がわからなくなってしまう社長からの相談が後を絶たない。
こうした社長たちは、自分の会社に価値がないと共通して考えているのだ。しかし、地方の企業とはいえ、実は秘められた価値を持っているものである。
あきらめるのはまだ早い!自社を後世に残すためにM&Aを上手に活用する知識が詰まった、初心者でもわかる入門書。

 

■著者紹介

1975年新潟県新潟市(旧巻町)生まれ。株式会社絆コーポレーション代表取締役社長。株式会社富士銀行(現みずほ銀行)入行。法人担当として融資、事業再生、M&Aなどの総合金融サービスの担い手をして社会人生活スタート。新規取引先やM&Aの案件開拓に面白みを感じる。2004年帰郷し、父から医療介護の人材サービスの株式会社ケアスタッフを引き継ぐ。地方都市で後継者不在、事業承継のニーズに応えるべく、株式会社絆コーポレーションを設立し、M&Aアドバイザリー事業、スペシャリストの人材紹介事業を展開。企業の永続を応援するM&Aコンサルタントとして活躍中。趣味はマラソン、水泳、トライアスロンに挑戦中。

テキストのコピーはできません。