制作実績

女性社員のやる気を引き出すセルフ・エスティーム

世の中の働く女性たちは何を考えているのだろうか

ジャンル
単行本 ビジネス・経済・キャリア スポーツ・ホビー
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344913028
判型
4-6・208ページ
出版年月日
価格
1210円(税込)

目次

第1章 日本を救うキーワードは「インクルージョン」と「セルフ・エスティーム」
第2章 「女性の活躍推進」って何だろう?
第3章 「その気にならない」女性たち
第4章 女性が仕事に前向きになるとき
第5章 セルフ・エスティームの日米比較
第6章 セルフ・エスティームを高めるエクササイズ
第7章 女性社員のキャリアビジョンを考える
第8章 私のキャリアヒストリー

内容紹介

女性部下を育てるにはまず、自尊感情(セルフ・エスティーム)を高めることが重要である。

日本人は低いと言われている「セルフ・エスティーム」。 それがなぜ低いのか、低いことが
仕事へのモチベーションにどのように関連しているのか。
女性の社会進出を目指して活動する著者が、これまでのアンケート調査やノウハウを活かし、
「働く」ことに対して女性たちがどのように考えているのか、会社としてどのような意識を持って
女性社員に接するべきなのかを分析した指南書。

その日からできる、セルフ・エスティームを高めるエクササイズも紹介。

■著者紹介

日本航空、外資系乾電池メーカー日本韓国総支配人秘書を経て、エイボンプロダクツ株式会社に22年勤務。最終職歴:営業本部長。2001年末エイボンプロダクツ株式会社退職。2003年7月、日本女性の活躍を願う友人たちとNPO法人GEWEL(Global Enhancement of Women's Executive Leadership。ジュエル)を設立。日本社会・日本企業のダイバーシティ&インクルージョン推進を目的に、企業向けコンサルティング、講演、執筆活動を行った。2011年3月NPO法人GEWEL代表理事を退任、アドバイザーとなる。
2011年7月一般社団法人セルフ・エスティーム研究所設立代表理事。国際的ボランティア団体東京キワニスクラブ会長(2011年10月-2012年9月)。一般社団法人セルフ・エスティーム研究所代表理事(2017年2月活動休止)。NPO法人GEWELアドバイザー 前代表理事。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。