制作実績

二十日間の浦島太郎 私が容疑者にされた日

誰の身にも起こり得る、悲劇の物語。

ジャンル
社会・政治 ノンフィクション
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344912793
判型
4-6・220ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

はじめに
八月二十四日(月)逮捕一日目
八月二十五日(火)逮捕二日目
八月二十六日(水)逮捕三日目
八月二十七日(木)逮捕四日目
八月二十八日(金)逮捕五日目
八月二十九日・三十日(土・日)逮捕六日目と七日目
八月三十一日(月)逮捕八日目
九月一日(火)逮捕九日目
九月二日(水)逮捕十日目
九月三日(木)逮捕十一日目
九月四日(金)逮捕十二日目
九月五日(土)逮捕十三日目
九月六日(日)逮捕十四日目
九月七日(月)逮捕十五日目
九月八日(火)逮捕十六日目
九月九日(水)逮捕十七日目
九月十日(木)逮捕十八日目
九月十一日(金)逮捕十九日目
釈放の後日譚
事件の真相
あとがき―浦島太郎について

内容紹介

たった一枚の画像を思いがけず受け取ったために逮捕され、二十日間の留置所生活を強いられた著者。罪状は「児童買春、児童ポルノに係わる行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反」だった。

青天の霹靂の逮捕、いわれなきネットでの中傷や心ない報道――。次々襲い掛かる苦難に仲間とともに立ち向かう。二十日間の闘いの記録と、彼を支えた仲間たちを描いた著者渾身のドキュメント。

 

■著者紹介

昭和51年京都産業大学経済学部卒業後大手生命保険会社、大手電子部品会社を経て独立。 平成13年度小学校PTA会長を拝命して以来、おやじの会を通して我が子を含め地域の子ども達の見守り、育みボランティアを行い、並行して社会福祉協議会会長を拝命し、高齢者福祉、障がい者福祉ボランティアを行う。施設への音楽ボランティアは現在も継続中。

テキストのコピーはできません。