制作実績

4000人の原爆ドーム 原爆ドーム合作絵画 画文集

原爆ドームの前で、道行く人と描いた平和への願い。

ジャンル
人文・思想 アート・建築・デザイン
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344912663
判型
B5変・32ページ
出版年月日
価格
1540円(税込)

目次

内容紹介

著者は広島・原爆ドーム前で、毎年8月6日に、畳ほどもあるキャンバスを置き、道行く人に絵を描いてもらう活動をしている。被曝、戦争経験者から、「戦争」を知らない世代や海外からの観光客らも筆をとり、平和への願いをこめ合作絵画を仕上げる。まっしろなキャンバスに、道行く人がおもいおもいに描きこみ、最後には1枚の作品として仕上がっていく。制作当時の背景を綴った著者の思いとともに「平和」とはなにかを考える。

約30年間、累計4000人が携わった作品のなかから、18枚の合作絵画と著者の解説をまとめた画文集。

■著者紹介
5才の時、悲惨な戦争の写真を見て「大人になったら戦争をなくす」と決心。小2のとき、「みんなでお絵かきしたら優しい心になって戦争をしなくなる」と思い、絵の先生になると志す。
女子美術大学で実技、共立女子大学で美学と美術史を学び、4年間の教師生活を経て、広島へ移住。1988年より平和記念公園で通行人に呼びかけ、一緒にドームを描くことを始める。1998年からは広島ユネスコ協会、広島青年会議所・丸岡氏の協力により、絵画合作会を毎年8月6日に行なっている。
未来に語る芸術の会代表、幸福の絆平和大使の会会長。

テキストのコピーはできません。