制作実績

范成大詩選

南宋の田園詩人。初の邦訳詩集。知られざる名詩たちが此処に。

ジャンル
詩・エッセイ
シリーズ
新刊
著者
三野豊浩・著
ISBN
9784344912625
判型
4-6・178ページ
出版年月日
2018/11/27
価格
1000円+税

目次

第一章 若き日の思い 青年時代
第二章 仕官の道へ 徽州時代
第三章 都での日々 首都勤務時代
第四章 旅から旅へ 地方長官歴任時代
第五章 隠棲と療養 晩年

内容紹介

南宋の田園詩人、初の邦訳詩集。

陸游、楊万里、尤袤と並び、南宋中興四大家として
名を馳せた優しき詩人、范成大の代表作を57首収録。
原文、書き下し、現代語訳に加え、
訳者による七五調の自由訳を掲載。

農民と寄り添い、花を愛した控えめな詩人、范成大。
代表作である「催租行」、「州橋」をはじめ、
未訳の名詩を青年期から晩年まで5つの時期に分けて紹介する。

晦渋だが滋味深い、知られざる名詩たちがここに。

■著者紹介
三野豊浩 (みの とよひろ)
一九六五年石川県金沢市生まれ。東京大学文学部卒業。
同大学院博士課程修了。二〇一八年九月現在、愛知大学文学部教授。
専門は中国古典文学、特に宋代の詩と詞。
日本中国学会、東方学会、日本宋代文学学会、日本詞曲学会、
読游会会員。主な著書に、
銭鍾書原著・宋代詩文研究会訳注『宋詩選注』
(平凡社、二〇〇四~二〇〇五年。全四冊)、
一海知義編『一海知義の漢詩道場』(岩波書店、二〇〇四年)、
同『続一海知義の漢詩道場』(岩波書店、二〇〇八年)など。
いずれも共著。

テキストのコピーはできません。