制作実績

「ふるさと東京」再生

たった一人の決意から40年後、「東京湾海水浴復活」。
ふるさと再生への挑戦を続ける建築家のメッセージ。

ジャンル
ドキュメント 単行本 社会・政治 ノンフィクション
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344912533
判型
4-6・208ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

Prologue 失われたふるさとの情景
Chapter1 建築に夢をみた修業時代
Chapter2 豊かさをもたらす建築の実践
Chapter3 東京湾再生への道
Chapter4 ふるさと再生は日本再生へとつながる

内容紹介

「葛西の海で、子どもたちがまた泳げるようにしたい」と東京湾海水浴場復活への取り組みを始め、『ふるさと東京を考える実行委員会』をたった一人で立ち上げる。
建築を通して文化が失われつつある日本古来の生活美を取り戻し、風土に培われた文化を温存して未来につなげたい。
葛西の土地で一つ一つの建物を地道に造ってきた建築家が、生活空間、自然環境に対する意識革命を巻き起こす。

■著者紹介
1948年、東京都江戸川区葛西生まれ。
日本大学芸術学部卒業後、黒川紀章建築都市設計事務所、馬場建築設計事務所を経て、1975年、関口雄三建築設計事務所を開設。
地元葛西を中心に住宅・集合住宅・宿泊施設・公共施設など数多くを手掛ける。
2003年、関口美術館を設立。東京都功労者表彰受賞。
事務所開設当初より開発の名のもとに消え去るふるさとの自然や「子どもたちが海で泳ぐことができない」ことに問題意識をもち、東京湾再生活動を始める。
2010年、「認定NPO法人ふるさと東京を考える実行委員会」を設立。
東京湾の里海復活に今なお挑んでいる。

テキストのコピーはできません。