制作実績

ピースくん、世界をまわる Peace Goes Around The World

フルート×ピアノ
見て 演奏して楽しめる 音楽絵本♪

ジャンル
アート・建築・デザイン スポーツ・ホビー 児童・こども
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344912489
判型
A4・32ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

内容紹介

音楽とストーリーを一緒に楽しめる、これまでになかった楽しい音楽絵本。
インドネシア、ブルガリア、スペイン、インド、中東、アンデス地方、スコットランド、アルプス地方、中国、そして日本。ピースくんと一緒に世界各国の様々な音楽を楽しむことができます。
使う楽器はずっと同じなのに、国によってがらりと変わる曲調にも注目♪

音楽は言語の壁を持たない、世界共通のもの。
世界中の人々に愛を喚起させられる手段の一つです。
「平和が世界中に行き渡りますように」という想いが込められた本作品。
世界中の平和を願って、ピースくんと「音の海外旅行」へいざ出発!

■『ピースくん、世界をまわる Peace Goes Around The World』に関する
誤植のお詫び・訂正のお知らせ

『ピースくん、世界をまわる Peace Goes Around The World』初版に誤植がございました。
深くお詫び申し上げますとともに、下記の通り訂正させていただきます。
P.27
【誤】尺八と和太鼓
   ↓
【正】篠笛と和太鼓

■著者紹介
作曲:中川いづみ(なかがわ・いづみ)
東京藝術大学作曲家卒。卒業後から1989年まで同大学作曲家助手をつとめる。
洋楽器作品のみならず、邦楽器、合唱、そしてTV-CMや仏教法要音楽、ポップスと多方面で活躍。特にフルート奏者の夫、中川昌三の影響で、ソロからオーケストラまでフルート作品を多く手がけ、作品集CD「Mozartic Game」「DEAR FRIEND」「MAGIC FLUTE TANGO」がリリースされている。常に「日本人であること」を土台とした作風は国内のみならず海外でも高く評価されNYタイムズ紙でも紹介される。
2001年国際交流基金の助成によりスウェーデンにて作品発表。同年文化庁主催国立劇場作曲コンクール佳作入賞。代表作にオーケストラのための「プレリュード」、同性合唱と打楽器による聲明「春光悔過」、落語と合唱による「叩き蟹」、フルート・オーケストラと25絃箏の為の「伝えゆくもの」など、ほか多数。

絵:森峰子(もり・みねこ)
3歳時にクロマイ服用のため難聴となる。音楽好きの母親の影響で幼少時から、歌やフルートなどの音楽に親しむ。聖徳学園短期大学英語英文専攻を経て、日本女子大学家政学部児童学科卒。論文テーマは「聴覚障害児の抱える問題と音楽ワークショップのあり方」。銀行、出版社などに勤めた後、初のエッセイ集『マリア・ベッティの本箱』(2002年、新風舎)を出版。2007年には研究論文『拓かれた聴覚の模索――『右脳と左脳――その機能と文化の異質性』(角田忠信著、小学館)からの考察」をまとめた。2008年、エッセイ第2作目『マリア・エリザベートの音楽――拓かれた耳の贈り物』(PHPパブリッシング)、2016年「マリア・エリザベートの探究『大脳生理学から神にアプローチする』――聴覚障害を乗り越えて――」(教友社)を出版し、好評を得る。2010年から毎年、絵本朗読と音楽のコンサートを企画主催し、2013年に臨床美術士の資格を取り、また2014年には京都造形芸術大学で学芸員資格を取得した。

テキストのコピーはできません。