制作実績

くるしま童話名作選⑧ 海に光るつぼ

終戦後、貧困にまけず靴磨きをする少年ケンイチ。そんな彼が海の底で経験した不思議な成長物語。

ジャンル
文学・評論 暮らし・健康・子育て 児童・こども
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344911390
判型
B5・32ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

内容紹介

明治から昭和にかけて発表された、久留島武彦の口演童話作品を絵本化した大好評シリーズ「くるしま童話名作選第8作!

終戦後、貧困にまけず靴磨きをする少年ケンイチ。そんな彼が海の底で経験した不思議な物語とは?

■著者紹介

1874年 6月19日大分県玖珠郡森町(現・玖珠町)に生まれる。祖父は森藩最後の藩主・久留島通靖。
1887年 大分中学(現・大分県立大分上野丘高等学校)に入学、英語教師のウエンライト博士と出会う。
1890年 ウエンライト博士の関西学院転任に伴い関西学院へ転校。
1894年 近衛師団入隊。
1895年 日清戦争に従軍。戦地から「尾上新兵衛」の筆名で投稿した作品が雑誌『少年世界』(博文館)に連載される。
1906年 「お伽倶楽部」を設立し、口演童話活動を本格的に開始。
1911年 雑誌『お伽倶楽部』を創刊。
1924年 ボーイスカウトの第2回世界ジャンボリー大会(デンマーク)に参加し、アンデルセンの旧跡を訪問。アンデルセンの復権を訴え、2年後にデンマーク国王よりダンネブロウ四等勲章を受ける。「日本のアンデルセン」と呼ばれるようになる。
1951年 日本青少年文化センター(全日本移動教室連盟)初代理事長に就任。
1958年 話し言葉による童話を確立し、児童文化の向上に貢献したことによって紫綬褒章が授与される。
1960年 6月27日内臓ガンのため永眠(享年86歳)。日本青少年文化センターが「久留島武彦文化賞」を創設。童話の口演を行った幼稚園・小学校は全国6000を超える。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。