書籍案内

書籍案内

自費出版:HOME > 書籍検索 > 書籍詳細

書籍詳細

世界一桜島大根コンテスト

新刊

世界一桜島大根コンテスト

野菜づくりで世界一、さらに隙間を縫って「百名山」踏破


目次

初めてのコンテスト
定年退職
栽培データ
初収穫
山歩きも開始
秋野菜が始まった
農園の収穫祭
農園の人たち
EM菌との出会い
桜島大根との出会い
夏野菜シーズンの到来
恒例のジャガイモ掘り
市民農園の人たち
三浦での桜島大根
夏野菜の種類
桜島大根の種蒔き
あわや大事故
桜島大根の成長
野菜栽培のためのアイデア
アライグマの被害
二度目の桜島大根
渡り鳥のダイエット
珍しい野菜
トウモロコシのキセニア現象
二〇〇七年秋野菜
秋野菜の種蒔きと定植
害虫対策
桜島大根の重量記録
日本百名山を達成した
桜島大根の重量記録更新
熊と遭遇
優勝を目指す1
ボスの死
優勝を目指す2
桜島の大根畑
第十一回桜島大根コンテスト
東京タワーの桜島大根
東日本大震災
東日本大震災の影響
意外な結果
二度目の優勝
巨大な大根
ギネス超えの桜島大根
幻のギネス記録

内容紹介

ギネス記録を超える巨大な桜島大根を掘りあげた時はわが目を疑った。定年後8年目にして日本百名山達成の大朝日岳雪の山頂に立った時は思わず涙した。
これは会社定年後に始めた野菜作りと山歩きの双方で得た感動の瞬間だった。
桜島大根が世界最大の大根で、この大根は桜島の火山灰土でしか育たない、という事は以前から知っていたが、まさか自分がこの桜島大根作りにチャレンジする事になろうとは全く想像していなかったし、本場桜島でのコンテストで優勝するなどとは夢にも思わなかった。
桜島大根を初めて目の当たりにしたのは、九州屋久島の宮之浦岳登山の帰りに観光目的で立ち寄った鹿児島桜島のドライブイン店頭に飾られていた時で、その巨大な大根にはびっくりさせられた。もし登山で屋久島へ行かなかったら、その帰途に桜島へ行かなかったら、生涯桜島へも行く事はなかっただろうし、桜島大根に出会うことも無かったかもしれない。(「はじめに」より)

■著者紹介
土田三郎(つちださぶろう)
昭和15年5月29日、東京、中野生まれ。現在は神奈川県横須賀市在住。平成12年に定年退職後、野菜作りと山歩きを始める。現在はジャンボ大根作りに注力しており、平成28年の第12回「全国ジャンボ大根フェスティバル2016」では3位に入賞した。

各種お問い合わせ

  • TEL03-5411-7188

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目9番7号

アクセスマップはこちら

企業出版をお考えの方

Facebook 幻冬舎ルネッサンス編集部


お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント