制作実績

74歳 肺がん2回目の手術を乗り越えて

2004年、肺右上葉を切除。
2016年、最新治療法「光線力学的治療〈PDT〉」を体験。
2度の手術を乗り越えた著者ががん治療のあり方に一石を投じる。

ジャンル
ノンフィクション
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344911161
判型
新書・152ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

第一部 がん治療の今
第一章 肺がん治療の最前線
第二章 日本人とがんのかかわり方
第二部 2度の肺がん発症
第一章 フラッシュバック・肺がん手術について
第二章 レーザー療法に命を託す
第三章 レーザー治療後の生活 

内容紹介

末梢型肺がんに対する臨床試験がスタートした、最新のがん治療法「光線力学的治療〈PDT〉」とは――?
国内初の臨床試験に参加した一人の患者が、自らの体験をもとに、がんを克服するために重視したことと、
PDT治療の実感を語る。がんサバイバーとして、また経営コンサルタントとして磨いた俯瞰的視野から、
望ましいがん闘病のあり方を考察し、がんと告知された人にこれからどう行動すべきかを提案する、患者目線の一冊。

■著者紹介
1964年4月、日本大学経済学部経済。同年4月、埼玉銀行入行、2002年4月、定年退職後、高橋経営研究所および高橋邦雄税理士事務所設立(所長)。経営コンサルタント、ISO審査リーダーとして現在に至る。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。