制作実績

(聖書)古事記とレイライン

古事記が紐解く、日本の地理の不思議。
日本の神々は富士山を東西に結ぶ一直線の道をつくっていた。

ジャンル
単行本 歴史・地理
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344911017
判型
4-6・252ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

第一章 「地力」と「老いるパワー」ありき
第二章 神々は、何時現れる
第三章 輝く光の玉の正体
第四章 レイラインは、如何なるものか
第五章 お彼岸に蘇る太陽
第六章 富士山レイライン曼荼羅図 浮かび上がる
第七章 富士山東西レイライン 「ア」のつま、東端を探る
第八章 富士山東西レイライン 「イ」のつま、西端を探る
第九章 我らは、眷属(まとめ)

内容紹介

太陽と古事記のつながりは、私たちの生活にも深く根付いていた。
春分の日、お彼岸にのぼる太陽が示すもの、また風水、龍脈、地鎮祭など土地にまつわるあれこれ。日常でふれる出来事と古代神々を祭る神社との関わりが明らかになる。
東西をつなぐ一本の道<レイライン>が教えてくれることとは。

■著者紹介
細谷旅日子(ほそや たびひこ)
昭和25年、千葉県生まれ。青山学院大学理工学部
機械工学科卒業後、戸田建設株式会社に入社。
定年後、研究施設に特化した専門企業、オリエン
タル技研工業株式会社在職中。

テキストのコピーはできません。