制作実績

軌跡

無精子症と診断された夫婦が二人の我が子を授かるまでの7年をつづった、ノンフィクションエッセイ。

ジャンル
単行本 ノンフィクション
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344910997
判型
4-6・208ページ
出版年月日
価格
1210円(税込)

目次

内容紹介

無精子症という病気のため子どもを授かることができなかった。
それでも、必死で治療を行い、二人も赤ちゃんを授かった夫婦がいる。
度重なる切開手術、授かった生命の流産。
それでも、赤ちゃんを諦めることだけは、どうしてもできなかった―――。
二人はどうやって、子どもを授かることができたのか。不妊治療という壮絶な経験を
ユーモアたっぷりに描いた、ないて笑える珠玉のノンフィクションエッセイ。

■著者紹介■

1973年4月5日 福岡県北九州市生まれ
1995年    国立北九州工業高等専門学校卒業
2005年    無精子症であることが判明するも、7年間にわたる治療の結果、二人の子ど
       もを授かる。
ごく普通の会社員
趣味は、釣り、波乗り、キックボクシング、読書

テキストのコピーはできません。