制作実績

半端者

誰よりも孤独な少年の叶わぬ恋と歪んだ愛。
哀愁のロックにのせて紡ぎ出される、著者渾身の大長編青春小説。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344910966
判型
4-6・622ページ
出版年月日
価格
1540円(税込)

目次

1. 海は見ている
2. ロックされる言葉
3. 家族の肖像
4. はぐれた音符
5. 歪んだ悦び
6. 隠された顔
7. あやういなからい
8. 絶対領域
9. イノセント
10. 鳶と鴉
11. 果てしなき逃走
12. 楽園
13. 禁じられた遊び
14. ポリエチレン
15. 静寂の世界
16. 融解する欲望
17. 輝ける海

内容紹介

ある日、妻子ある男のもとに小包が届いた。
そこには遠い昔、自分を好きだと言った男の日記が入っていた-
レディオヘッドを始め、60年代から00年代に奏でられた
哀愁のロックにのせて剥き出される狂おしい情念。
少年期、青年期、壮年期-
愛を求めすぎた「半端者」の人生と、その結末とは…

叶わない恋、歪んだ愛。 生を見つめ直す衝撃作

■著者紹介
東 慶太 (ひがし けいた)
1980(昭和55)年 東京に生まれ、神奈川県茅ヶ崎市で育つ。
桐蔭学園中学・高等学校在籍中に、映画や音楽のもつ力に魅せられる。
この頃、生きているうちに是非とも制作したい一本の映画の構想が生まれる。
明治学院大学文学部英文学科卒業。
同性愛者としての苦悩、双極性障害発症による心的外傷のため、長い挫折の日々を味わう。
フリーター・ニート時代を経て、社会復帰を果たす。
会社員退職後、創作活動に専念し、現在映画制作への道を模索中。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。