書籍案内

書籍案内

自費出版:HOME > 書籍検索 > 書籍詳細

書籍詳細

思春期リプロダクティブヘルス(ARH)プロジェクトを経験して

新刊

思春期リプロダクティブヘルス(ARH)プロジェクトを経験して

ニカラグアでのARH向上にまつわる貴重な活動報告。日本の国際保健協力と地域医療の未来を考える


目次

第1章 世界とニカラグア国の思春期若者が直面する課題
第2章 JICA/ジョイセフによるARHの技術協力プロジェクトが立ちあがるまで
第3章 SakuRAプロジェクトを展開するチームと日本人の役割
第4章 SakuRAプロジェクト 活動報告編
第5章 SakuRAプロジェクトの終了 これからも続くARH活動の一里塚 その後

内容紹介

国際保健協力と地域医療の未来を考える

ニカラグアでの10代を対象としたリプロダクティブヘルス向上のため、日本人と現地の保健医療関係者、地域の人々とが協働で展開した貴重なJICA/ジョイセフの「SakuRAプロジェクト」。
思春期の若者が、予期しない妊娠やAIDS/HIV予防のため自分たち自身の健康に関心をもち、自ら行動する環境づくりに取り組んだ、ニカラグアでの思春期リプロダクティブヘルス(ARH)プロジェクト。その活動報告から、ひいては地域医療のあり方を考える。

■著者紹介
富山県出身。金沢大学医学部卒。天理よろづ相談所病院、自治医科大学地域医療学教室、東京大学大学院医学系研究科国際地域保健学教室などに勤務。1998年、ニカラグアのハリケーン災害支援のため、JICA国際緊急援助隊医療チームに参加。2001~2009年、同国にてJICAの地域保健強化プロジェクトに従事した後、日本の地域医療の現場にもどる。2011年の東日本大震災の診療支援を経て、現在に至る。一関市国民健康保険藤沢病院診療部内科長、暮らしのケアサポートセンター所長、日本国際保健医療学会役員。

各種お問い合わせ

  • TEL03-5411-7188

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目9番7号

アクセスマップはこちら

企業出版をお考えの方

Facebook 幻冬舎ルネッサンス編集部


お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント