書籍案内

書籍案内

自費出版:HOME > 書籍検索 > 書籍詳細

書籍詳細

障害児に心を向けた人たち

新刊

障害児に心を向けた人たち

戦後日本の障害教育変遷史。教育現場を歩んできた経験と、3名の教育家の活動から導かれた考察


目次

序章 戦後昭和二十年代における転校経験から思うこと
第1章 岸辺福雄の不思議
第2章 「最新遊戯集成」にみる岸辺福雄
第3章 障害児に向かう・本庄睦男
第4章 新堀通也『特殊教育概論』に共感する
第5章 いろいろな教師のかたちの記憶

内容紹介

戦後日本にみられた劣悪な生活環境と不統一の義務教育と向き合い、教育現場、教育問題、とくに障害児教育に人生を捧げた著者が綴る考察。多くの参考文献をもとに研究をつづけ導かれた、国民として、教師として、今後の教育に必要なこととは――。岸辺福雄、本庄睦男、新堀通也3名の教育家の活動をもとに、わかりやすく解説、さらに冒頭には昭和25年発行の教科書一部を付録として掲載。

■著者紹介
保関建典(ほせき けんすけ)
昭和17年 旧満州国安東省生まれ。
昭和21年日本へ引き揚げ後、福井県を経て岩手県花巻市へ。その後、東京都江戸川区、千葉県船橋市、兵庫県神戸市、大阪府泉南市などで暮らす。昭和40年より大阪学芸大学で聾学校教育、養護学校教育を学んだ後、大阪府立堺養護学校(現堺支援学校)に勤務。その後、他大阪府立養護学校、大阪府教育委員会等を経験。平成13年に退職後、知的障害幼稚園施設、私立通信制高校、大学非常勤講師を経験し、平成25年教育に関わる仕事をおえる。
著書に、『経験としての「障害児教育」』(文芸社、2014)がある。

各種お問い合わせ

  • TEL03-5411-7188

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目9番7号

アクセスマップはこちら

企業出版をお考えの方

Facebook 幻冬舎ルネッサンス編集部

公式ツイッター 幻冬舎ルネッサンス新社編集部

公式インスタグラム 幻冬舎ルネッサンス新社編集部


お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント