制作実績

太陽を作り出した男

人工太陽照明灯の開発に人生を賭けた、とある発明家の物語

ジャンル
単行本 ノンフィクション ビジネス・経済・キャリア 科学・テクノロジー
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344910133
判型
4-6・224ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

第一章 ルーツと生い立ち
第二章 中学時代
第三章 高校時代
第四章 明治電気製造㈱時代
第五章 常盤製作所時代
第六章 日商プラント時代
第七章 三鈴電機製造時代
第八章 ベンチャー企業 佐伯技研工業㈱設立
第九章 人工太陽照明灯開発

内容紹介

「一生懸命勉強して、エジソンのように良いものを発明しよう」

子どもの頃から機械いじりが大好きだった主人公・佐伯泰造は、
学生時代、描いた絵の色彩が白熱電球の照明のせいで狂ってしまったという経験から、
『色彩を正確に表す太陽光と変わらない照明器具を開発したい』という夢を長年抱き続けていた。

大学卒業後、大手電気会社での開発経験を積んだのち、自身で会社を設立。
紆余屈折を経て、40才も半ばを過ぎた頃。
ついに彼は“太陽”を作り出すことに成功した――

■著者紹介
氏名:佐伯泰造(ペンネーム、本名 佐藤泰司)、昭和十四年生まれ
出身地:岩手県一関市
職歴:大手電気会社を経て昭和五十九年セリック株式会社設立、現在会長
主な受賞:黄綬褒章受章、科学技術庁長官賞、全国発明表彰、発明大賞笹川特別賞、東久邇宮記念賞
主な発表論文:「色彩評価用光源の条件」、「組織カルシウム析出装置開発に関する研究」、「人工太陽照明灯光線照射による褥瘡患部治療効果について」

テキストのコピーはできません。