制作実績

ジオマーケティング戦略 ポスト「マス」時代の消費者分析

これからの消費者分析は、顧客の「居住地区」が切り口となる。

ジャンル
幻冬舎ルネッサンス新書 ビジネス・経済・キャリア
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344910119
判型
新書・184ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

第一章 需要を理解するための新しいモノサシの必要性
第二章 ジオデモグラフィックス
第三章 日本の居住地区別ライフスタイル
第四章 10グループで見た日本のライフスタイル
第五章 立地のポテンシャルを測る
第六章 店舗計画に使う売り上げ予測モデル
第七章 ジオマーケティング戦略

内容紹介

「ところ変われば、(売れる)品も変わる」--。現代において「流行」とは、企業がつくり出すものではない。様々な情報へ日常的に触れる消費者に「選ばれて」初めて、流行の商品・サービスとして流通する。ビッグデータ全盛の現在、どの企業も大量の顧客データを有しているが、より精度の高い市場分析を行うためにはどうすればよいのか。消費者の嗜好や購買傾向を知り、「選ばれる」モノ・コトを提供するには、性別や年齢に加え、彼らの「住んでいる所」を理解するのが近道となる。
「地理特性」に着目したマーケティング法「ジオマーケティング」の第一人者・酒井嘉昭氏による、21世紀のビジネスを成功に導く顧客分析入門書。

■著者紹介
1965年生まれ。ジオマーケティング株式会社代表取締役。日本大学文理学部地理学科卒業。技術士(環境部門)・測量士。専門は地域分析。都市・環境・防災計画のための基礎調査をする会社を設立し、キャリアをスタート。その後大手ベンチャーキャピタルより出資を受け、携帯電話向けナビゲーションシステムを開発。2004年に、英国のコンサルティングファームGMAP の上席コンサルタントとしてアジア太平洋地域の小売り立地分析、売り上げ予測業務に従事。2011年には日本GMAP代表取締役。2015年に日本GMAP の国内部門をMBOし、ジオマーケティング株式会社を設立。現在に至る。

テキストのコピーはできません。