制作実績

歴史小説 後醍醐天皇・記

史上最も破天荒な帝・後醍醐天皇が打倒鎌倉幕府を掲げ立ち上がる。

ジャンル
単行本 文学・評論 歴史・地理
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344910089
判型
4-6・368ページ
出版年月日
価格
1760円(税込)

目次

第一章  一代限りの天皇、後醍醐帝
第二章  武士の都・鎌倉、そして足利氏と新田氏
第三章  倒幕の密議
第四章  楠木正成、登場す
第五章  後醍醐天皇捕わる
第六章  鎌倉幕府の滅亡
第七章  建武新政その一
第八章  建武新政その二               
第九章  後醍醐天皇暗殺計画と、護良親王の暗殺          
第十章  足利尊氏、朝敵となる 
第十一章 京都 騒乱                       
第十二章 楠木正成、湊川に散る                 
第十三章 破れざる帝、吉野に消ゆ   
あとがき
参考文献

内容紹介

鎌倉時代末期。すっかり腐敗した幕府を倒し、乱れた世を立て直そうと後醍醐天皇が動き出した。二度の倒幕計画が失敗に終わり、隠岐への島流しという憂き目に遭っても諦めず、なおも倒幕の機会を狙う、後醍醐天皇。そんな帝に呼応し、楠木正成、新田義貞、足利高氏らも立ち上がった。彼らの協力を得て、ようやく悲願の打倒・鎌倉幕府を成し遂げると、年号を建武と改め新政を始める。しかし、次に待ち受けていたのは足利尊氏の離反と南北朝の分裂というさらなる苦難だった――。
何度でも立ち上がる型破りな帝・後醍醐天皇の波乱の生涯を描いた、長編大河小説。
帝という対場でありながら、自らも鎧を身にまとって戦いに加わることを望んだ後醍醐天皇の思いとは。

■著者紹介
植木静山(うえき せいざん)明治大学法学部卒業、神奈川県茅ヶ崎市在住。鉄鋼会社勤務中から郷土史家として活躍し、横浜歴史研究会会員で、得意分野は中世と幕末史。著書に、幕末の北方領土を描いた『ロシアから来た黒船』扶桑社)、『我が旗を、鎌倉に立てよ―新田義貞の生涯―』(朝日新聞社)、『日本開国』(文芸社)などがある。現在、厩戸皇子」を調べ執筆中。

テキストのコピーはできません。