制作実績

失われたサンゴ礁が警告する沖縄の未来

「人間とサンゴが共生する未来」を問う、
渾身のルポルタージュ!

ジャンル
単行本 ノンフィクション
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344910065
判型
新書・268ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

内容紹介

沖縄といえば、なにを思い浮かべるだろうか?
南国特有のきらめく日差し、白い砂浜、美しいサンゴが生きる青い海……。
実際、とくに石垣島や西表島の海に棲息するサンゴや魚の種類は多く、
生物の多種多様多様性は世界一と言われるほどである。
海に潜ればミドリイシ類やショウガサンゴにコモンサンゴ、キクメイシ、
テーブルサンゴ、ハマサンゴ、などが、陸上のお花畑のように密生し、
色鮮やかな魚たちが舞う世界。
しかし、それらの美しいサンゴはこの20年間で10分の1にまで激減している。
色とりどりの魚や珍しい生き物たちの棲家たるサンゴは、同時に彼らの食べ物であり、
海の生物の約25パーセントはサンゴ礁に頼って生きている。
また、「海の熱帯雨林」とも呼ばれ、二酸化炭素を吸収して酸素を作り出すサンゴ礁は、
たくさんの魚が獲れる「漁場」であり、サンゴ礁が漁業にもたらす経済効果は
107億円と推計される。
さらに台風などによる高波を防ぐ防波堤の役割も果たし、観光資源としてもその意義は大きく、
サンゴ礁のある海がもたらす経済的効果は2400億円にも上ると言われている。
なぜ、サンゴ礁はこうまで激減してしまったのか?
衰退する沖縄のサンゴ礁を救うために、私たちになにができるのか?
——沖縄の開発の歴史から地球温暖化の問題、水質汚染の元凶、国と沖縄県のさまざまな対策、
植え付けによってサンゴ礁再生をめざす人々……、
10年にもわたる執念の取材を通して、人間とサンゴ礁とが共生する未来を問う、
渾身のルポルタージュ。

■著者紹介
千葉日比魚(ちば ひびな)
1965年、青森県八戸市生まれ。上智大学文学部社会学科卒業。
株式会社QUICK、ロイター・ジャパン株式会社編集部、
トムソン・コーポレーション日本株式会社「IFR DEAL WATCH誌」編集部記者を経て、
フリーライターとなる。
専門領域は経済金融分野で、主に上場企業の決算発表会レポートを書く。
環境(サンゴ礁)に関する本は本書籍が第一号。
主な著書に、宝島社『別冊宝島 私でもよくわかる決算書』(共著)、
プレジデント社『本邦初! すぐに役立つ誰でも使える家庭決算書』(共著)などがある。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。