制作実績

幸せって、ニャンだ? 愛しいネコと生きる日々

ベテラン作家が愛猫との17年半を振り返る、ネコ好き必読の1冊。

ジャンル
単行本 ノンフィクション
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344910058
判型
4-6・174ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

はじめに
第1章 運命のネコ
第2章 ネコと、老いの哀しみと
第3章 極楽ネコの看取り方
第4章 永遠のネコ
おわりに
巻末コラム・資料

内容紹介

「おいらなら、いつでもオーケーだよ」全身に陽気なオーラをまとった小さなサバネコが太田家に迎え入れられたのは、1995年の初夏だった。人懐っこく器量よし、おまけに賢いネコ「楽」は、「おかぁ」の愛情を一身に受けながら、すくすく成長していく。その自由きままな生き様は、まさに極「楽」の如し。しかし、楽しい時間は永遠に続かない。老いの気配は静かに忍び寄り、いつしか楽には介護が必要に。介護と看病に奔走する家族を尻目に、楽のいのちは刻一刻と削られていく。そして訪れる、永遠の別れ――。「動物との共生」「命の尊厳」をテーマに取材執筆を続ける作家・太田京子が、自らの愛猫との17年半を振り返って綴った感動のノンフィクション。ネコと暮らす喜びも、苦労もぎゅっと詰まった、ネコ好き必読の1冊。

■著者紹介
児童文学作家。1948年東京生まれ、日本女子大学文学部卒。日本児童文学者協会会員。WWF ジャパン会員。
「大好きシリーズ」全5巻(草炎社)、『バンザイ! なかやまくん』(第47回夏休み課題図書/草炎社:2000 年)など児童文学の著作多数。
また『ツシマヤマネコって、知ってる?』(岩崎書店:2010 年/2013年環境省「生物多様性の本箱」100 冊に選出)や『100 グラムのいのち』(岩崎書店:2012年)など、「動物との共生」「命の尊厳」をテーマにした児童向けノンフィクションの取材執筆にも精力を注ぐ。近著は『ありがとう実験動物たち』(東北大名誉教授・笠井憲雪監修/岩崎書店:2015 年)。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。