制作実績

あなたの知らない「東大安田講堂事件」 安田講堂事件現場統括指揮官「津田武德」の記録

安田講堂事件の際、現場統括指揮官だった津田武德氏が記した、安田講堂事件の舞台裏。

ジャンル
単行本 ノンフィクション
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344994454
判型
4-6・256ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

第一章 60年安保闘争と警備体制失敗の教訓
第二章 70年安保闘争への序曲
第三章 東大事件顚末記1 -攻防までの経緯-
第四章 東大事件顚末記2 -攻防初日の経緯-
第五章 東大事件顚末記3 -攻防二日目・安田講堂事件の終焉-
第六章 東大事件の残したもの
第七章 70年安保
第八章 関連年表

内容紹介

ノンキャリアながらも、60年・70年安保闘争や東大安田講堂事件の警備責任者として手腕を発揮した津田武德が記した手記を1冊の自伝にまとめた。60年安保から学んだ教訓を元に、70年安保の前哨戦となった「東大安田講堂事件」の様子を詳しく記述。津田氏の手腕、現場の機動隊員たちの奮闘を克明に描かれた、ドキュメンタリー。

■著者紹介
1916年、長崎県北高来郡高来町(現在の諫早市)生まれ。1937年に警視庁練馬警察署に採用された。1968年に起こった東大安田講堂事件の際の、現場統括指揮官。1974年に警察を辞めた後、本原稿の執筆に取り組み始める。2015年11月永眠。享年99歳。

テキストのコピーはできません。