制作実績

教育万華鏡

憂いに満ちた世の中にあっても、子どもたちは輝く

ジャンル
単行本 教育・学参・受験
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
477900103X
判型
4-6・246ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

内容紹介

1987年から2004年まで東京都立川市教育委員会に属し、この間、1997年から2004年まで委員長を務めた著者は、現在、会社役員であり、家庭裁判所の調停委員。立川市の教育行政にかかわってきて、前半はバブル景気の中で計画された、八ヶ岳山荘、柴崎体育館や中央図書館が完成し、後半は長年取り組んできた中学校給食が全校実施され、統合により新生小学校が誕生した。委員長になってからの7年間は、教育改革の波が押し寄せてきた。学校まで土曜日が休みになってしまったのだ。国の規制緩和、自治体独自の教育施策等が試みられ、それにより今まで内在してきたさまざまな問題に直面することになった。また青少年が被害者にも、加害者にもなる事件・事故が続き、学力低下を心配する公立校離れがいわれ、情報機器に社会も人も包まれ、子どもの世界にも夜型の生活が入り込んでいた。退任するにあたって、在任期間中の出来事や出会った人たちとの記録を書きとめておこうと思い立ち、立川市の四季折々の風景と教育の風景を沿わせながら、その流れの中に、体験から派生した随想をたくさん盛り込み、まとめたのが本書である。本書刊行にあたり、教育委員会やこれからの教育のあり方を、広く読者に考えていただけたらと願っている。

「内外教育」(2007年2月23日 第5718号)で紹介されました。

テキストのコピーはできません。