制作実績

鳩殺し

「野原さん、私はどこで間違ってしまったのでしょうか?」
目を背けたくなるほどのリアリティで描かれる、あるガードマンの10日間の物語。

ジャンル
小説
シリーズ
電子書籍のみ 新刊
著者
・著
ISBN
判型
ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

一.鳩のミステリー・サークル
二.また、鳩が死んでいる
三.スープが冷める距離
四.別れる時
五.変わらぬ日々
六.我々の孤独

内容紹介

鳩の死骸を使って、ミステリー・サークルがつくられていた——。
突如公園で起きた不可解な事件をきっかけに、公園警備に配属された野原。
そこで出会った不思議な縁により、徐々に自分の生き方を見つめるようになる。
クレーマー、肺がん末期の老人、中華定食屋の女性……。
緩やかに結びつく人間関係からその本質を洗い出した純文学小説。

■著者紹介

野口顕(のぐちあきら)

昭和14年 東京生まれ(卯・七赤)
昭和27年 高校時代、友人と「同人誌・フロイント」を発行。昭和36年第5号迄発行。
昭和34年 私立成城大学経済学部入学。同時に同校文芸部に入部。
卒業迄4年間、部誌「狂童群」に作品を発表。
※狂童群は旧制七年制高校時代、大岡昇平氏等が執筆した「白痴群」を継いだ同人誌、部誌。
※入学入部時の部長が、当時3年生だった大林宣彦氏(故人)
昭和38年 某百貨店入社
昭和40年 会社退社。友人と広告関係の事務所を設立。
昭和50年 結婚。以後二男をもうける。子供の小学校入学後、PTA会長として地元教育活動、地域活動を行い、子供の入学した高校の父母の会活動等々にも関係する。
平成20年頃、広告関係業務を辞め現在に至る。

 

趣味 ボウリング
   歌舞伎、映画演劇DVD鑑賞
   読書(中国古典、ハードボイルド・ミステリー)

テキストのコピーはできません。