制作実績

経営者が教える エンジニアが知っておきたい 評価される20の方法

キャリアアップしたい社会人必見!

学校も社会も教えてくれない、上司の心を掴むコツ。

ジャンル
実用書 ビジネス・経済・キャリア
シリーズ
電子書籍のみ 新刊
著者
・著
ISBN
判型
ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

はじめに

1.準備編(評価の仕組みを知る)

 1―1.評価は結論ありき

 1―2.評価のフローを知る

 1―3.評価者も人間だもの

 1―4.評価されたければ評価する

 1―5.評価は成果と長所で行われる

2.実践編(表面的な見せるテクニック)

 2―1.仕事を頼まれたら「はい」か「イエス」か「喜んで」

 2―2.体感速度をあげる

 2―3.勝負は最初の6割

 2―4.質問の回答は「誠実に」「思いやりをもって」

 2―5.軽、即、完

 2―6.良いメールの書き方、メッセージの送り方

 2―7.相談の極意

 2―8.ストーリーを語れ

3.応用編(内面的な変革と成長)

 3―1.ポジティブは作れる

 3―2.振り返りは良かったところだけ

 3―3.北風ではなくやっぱり太陽

 3―4.相手は変えられない、自分は変えられる

 3―5.ときに褒め、そしてときに褒める

 3―6.昇給、昇進はあとからやってくる

 3―7.必要なのは努力のみ

おわりに

内容紹介

「仕事を頑張っているのに会社から評価されていないと感じる」「もっと評価されて出世して、収入を増やしたい!」そんなお悩みはありませんか?

本書は、エンジニアなど定性的な評価のもとに働いている若手社員の方へ向けて書かれた指南書です。結果が数字で表れないからこそ、仕事と同じくらい大切なことがあります。それが、システム開発からITコンサルタントを経て、現在は経営者として活躍する筆者が会社員時代から実践してきた「評価される方法」。指導した部下も成果続出のノウハウを、実例と共に分かりやすく説明しています。

結果を出すチームを目指す、リーダーや管理職の方にも!

■著者紹介

室伏勇二(むろふしゆうじ)

明治大学商学部を卒業後、新卒で日系のシステム開発会社に入社。

その後、外資系のコンサルティングファーム、日系のコンサルティングファームでITコンサルタントとして従事。

現在はDXコンサルティング、DXサービスを提供する「株式会社クラウディオ」の取締役、「株式会社クラウディオプログレス」の代表取締役として多くのコンサルタント、エンジニアと共に活動している。

テキストのコピーはできません。