制作実績

砂鳥物語 ―精霊の涙―

これは不吉だと言われる“砂鳥”たちが、幸福な当たり前を作ろうとする物語。

ジャンル
小説
シリーズ
電子書籍のみ
著者
・著
ISBN
判型
ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

内容紹介

草原の国には砂鳥と呼ばれる者たちがいた。
砂鳥が歌うと、町が崩壊する。かつて栄えていた愚か者の町は、今はもう砂しか残っていないという。

ある日肉屋のハットは客引き中に散歩屋のホーカーと出会い、自分の家の食事会に招待するが、ホーカーに店の秘密を暴かれてしまう。
肉屋の内情を知っている散歩屋とは一体何者なのか。
ハットはホーカーの謎を突き止めようと声をかけると、愚か者の町に連れて行かれて……。

今、2つの歯車が合うように、閉ざされた過去が明らかになる――。

■著者紹介

千羽鳥(せんばちょう)
バターロールパンやクロワッサン、食パンを何もつけずに食すのが好き。
本棚には専門資料から漫画まで色んなものを並べている。もう二つほど本棚を増やすか検討中。しかし設置する場所がない。
なぜかメモ帳を冷蔵庫に入れる癖があり、よく困る。
取材旅行と称し方々を探索するものの、塀の割れ目や巨大なアロエなどばかりを見ている。
昨今は河原に赴いては綺麗な石を発見するのが趣味。

テキストのコピーはできません。