出版実績

皇室の行方

このままでは皇位継承者がいなくなる
ジャンル
幻冬舎ルネッサンス新書 社会・政治
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
判型
新書 ・ 152ページ
出版年月日

内容紹介

将来秋篠宮家の親王が天皇に即位すると1428年以来四度目の宮家からの皇位継承となる。天皇の直系に男子不在の際には宮家から天皇を出してきた。その宮家も秋篠宮家の親王が最後の男子であり消滅の危機にある。このままでは皇統断絶に繋がりかねない。世界に誇れる日本の伝統が崩れるばかりか平和をも揺るがすこの大問題について、すべての日本人は急ぎ論議を尽くす必要がある。
■著者紹介 1956年、北海道に生まれる。東北大学卒。会社員。もともと戦国から江戸時代にかけての大名の研究に没頭していたが、四十代のときに出合った『帝王後醍醐』(村松剛著、中公文庫)がきっかけとなり歴代の天皇や南北朝の歴史に興味を持ち、『室町時代の一皇族の生涯』(横井清著、講談社学術文庫)により皇位継承について探究を始めることとなった。現在、デンマークの王位継承や大名の相続についても知見を深めている。

書籍を購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • amazon
  • 楽天ブックス

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談ください。

03-5411-7188

営業時間:平日10:00〜18:30

テキストのコピーはできません。