制作実績

白い噓

ジャンル
小説
シリーズ
電子書籍のみ 新刊
著者
・著
ISBN
判型
ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

プロローグ

第一章 子猫とボール

第二章 ねじの回転

第三章 白い嘘

エピローグ

内容紹介

CGデザイナーの洋介はコンビニでいつも出食わす娘とSNSを取り交わすようになったのがきっかけで、

思いもかけずとある地方の総合病院を巡る疑惑に巻き込まれる。

一方彼の上司のジャーナリスト、松野は問題の病院の前事務長の謎の死、

病院が抱える膨大な赤字とカルテ改ざん、不正の実態を調査するうちに新たな犯罪の予兆に気付く。

事件の影で暗躍するカーマニアの運転手。DVの医師。第二の殺人の被害者は誰か?

暗い事件の予感を背景に展開する若い男女の奇妙なラブストーリー。

■著者紹介

そのこ+W

京都生まれ 

東京藝術大学美術学部卒二〇〇一年~二〇一六年 

イタリア北部・ストレーザ在住二〇一七年より東京在住神戸を中心に水彩・パステル画の個展活動

著書:『マグリットの馬』『私の名前を水に書いて』(ともに幻冬舎)

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。