制作実績

星の彼方のアニマトピア

ブラックホールを通り抜け“宇宙の迷子”になってしまった私の宇宙記録。

 

ジャンル
小説
シリーズ
電子書籍のみ 新刊
著者
・著
ISBN
判型
ページ
出版年月日
価格
990円(税込)

目次

内容紹介

宇宙探検船「アルテマラ号」は宇宙からの帰途、ブラックホールに巻き込まれてしまう。
ブラックホールを通り抜けると、どんな生き物も共通言語で会話ができる

不思議な星「ビルシャナ星」に不時着していた!
ビルシャナ星の生き物にバカにされながらも、宇宙隊員のアイコは惑星を探検し、

地球にいる父親の為に手記を書く。

果たして、アルテマラ号の一団は地球に帰ることができるのか……!?

■著者紹介

茂木光春(もてぎみつはる)

昭和11年3月6日 埼玉県深谷市に生まれる。
昭和34年 東京外国語大学英米科卒。
平成8年 県立浦和第一女子高等学校退職。
三田文学会員。

雑誌「三田文学」に「転生記」「きつねの涙」「悪童記」「眼球譚」「シナモンの匂う言語虫」「アリス探し」発表。

著書に「永遠の天心」「来たるべき良寛」「大いなる蕃山」「一休夢幻録」

「わが愛する明恵上人」「始まりの人」。

雑誌「扣之帳」に「荒野から荒野へ」(英文学における宗教性)「真言の人空海」発表。

現在同誌に「失われた日本人」連載中。

テキストのコピーはできません。