制作実績

新『最後の晩餐』

新たなる元号を迎えるいま、生と性を問う来世へのメッセージ。

ジャンル
小説
シリーズ
新刊
著者
三和坂怜
ISBN
9784344919785
判型
4-6・256ページ
出版年月日
2018/11/27
価格
1200円+税

目次

第一章 驚愕
第二章 ダブルの苦悩
第三章 至福の日々
第四章 都落ち
第五章 魔性の芽生え
第六章 来世の先は

内容紹介

三陸で小学校教師を務める主人公・上条由紀乃は、
未曾有の大震災による津波により目の前で教え子を失う。
救えなかった小さな命への罪悪感とは裏腹に、
女としての性に目覚め官能におぼれていく。
抑えきれない性への衝動は、やがて由紀乃の心をも
蝕んでゆき、ついには不倫相手とともに、海へと身を投じる……。

■著者紹介
三和坂怜(みわさか れい)

千葉県生まれ。県立高校卒業後、ダイエー千葉支店(経理課)へ勤務する。
一身上の都合により退職、その後、地方公務員となる。斎場長・老人ホーム等の
施設長を歴任する。※老人ホームには約19年間在籍する。
退職後、作家活動を始める。平成28年8月「恍惚から、老惚へ」を小社より出版。

テキストのコピーはできません。