制作実績

応永の風

目指す先になにがある――

ジャンル
小説
シリーズ
電子書籍のみ
著者
・著
ISBN
判型
152ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

第一章 元寇再来
第二章 神風伝説
第三章 神風党との対決
第四章 使節派遣

内容紹介

応永二十六年。高麗や蒙古、大唐との覚束ない外交を進めていた。
激動する日々のそのなかで、天竺天次(テンジク テンジ)は手柄を立て
春日大社を世間に知らしめよという命のもと、奈良から九州へと渡ることとなる。
奈良にまで噂が流れてくるほど、海外の影響を強く受ける博多では、
様々な思惑が渦巻いていた。神風党と名乗る勢力とは。
活き活きと室町を駆け巡る天次から目が離せない、迫力満点の歴史小説。

■著者紹介

平野 周(ひらの しゅう)

1958年 鹿児島県加世田市現・南さつま市生まれ
1983年 東京都立大学卒業
2004年 『悍馬駆ける』筆名頼 迅一郎で碧天歴史小説大賞 ストーリーテラー賞受賞
2010年 雑誌『大衆文芸』 掲載の「沼田又太郎の決意」「惣領の剣」筆名頼 迅一郎で第40回池内祥三文学奨励賞受賞
2019年 『応永の風』で幻冬舎グループ主催「時代小説コンテス ト」大賞受賞。
2020年2月 『悍馬、室町を駆ける』刊行
2020年5月 『応永の風』電子書籍化
現在 財団法人新鷹会理事、日本歴史時代作家協会会員、歴史研究会会員
【既刊書】『江戸の春風一譲り状奇談』(筆名:頼 迅一郎 2004 年 文芸社刊)

テキストのコピーはできません。