制作実績

双頭の鷲は啼いたか 現代短編集

ふとしたきっかけから、運命は交錯しはじめる。

様々な人間模様を描く3篇。

ジャンル
小説
シリーズ
電子書籍のみ
著者
樹 亜紀・著
ISBN
判型
・ページ
出版年月日
2020/7/31
価格
600円+税

目次

双頭の鷲は啼いたか
exist together
共に和がれる花を纏う

内容紹介

予備校で働くタケルと、エリート医学生の武史。
それぞれ全く別の人生を歩んでいたが、ある事故がきっかけで、運命が狂いだす。
全く同じ顔を持つ二人の、出生の秘密とは。
―『双頭の鷲は啼いたか』

 

他人とうまく付き合えず、不器用に生きてきたあずさ。
周囲の優しさに支えられながら、少しずつ自分を強く持つようになる。
そして、無名のカメラマン亨と出会う。愛する人と結ばれ、慎ましく懸命に暮らすが……。
―『exist together 共に和がれる』

 

とある町の花屋には、様々な事情を抱えた人々がやってくる。
一方、花屋の切り盛りをする美帆も、身内に言えない秘密の悩みを抱えていて……。
―『花を纏う』

■著者紹介
樹 亜紀(いつき あき)
京都府 宇治市生まれ。
現在京都府在住。

テキストのコピーはできません。