制作実績

再会。またふたたびの……

二〇〇一年から一九七一年へ――

時空を超えて繰り広げられる夫婦の愛。

ジャンル
小説
シリーズ
電子書籍のみ 新刊
著者
・著
ISBN
判型
ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

◎プロローグ

◎第一章 大竹寿美としての人生

◎第二章 高橋生駒との邂逅

◎第三章 時枝明子への告白

◎第四章 槇田眞珠の罪

◎第五章 田中春美の恋

◎第六章 酒井瑞江との同居

◎第七章 浦野素子との同棲

◎第八章 時枝新と鷲見詩織の結婚

◎第九章 角智洋の落とし物

◎第十章 太田真一との再会

◎エピローグ

内容紹介

父娘ほど年齢差のある夫・生駒との平穏な新婚生活を送っていた智洋は、2001年のある日、夫の蔵書から一枚のモノクロ写真を見つける。ミニスカ姿の若い女性のようだ。朝食時に「これ、だあれ?」と切り出す。予想外の反応。初めてだ、あんなに狼狽する、ふだんは冷静な夫の姿――。

釈然としないまま、マダムからランチの誘いに応じたときから、智洋の運命が大きく動き出す。

「ここは1971年? いくらなんでも信じられない……。あの眩暈で、わたし、30年前の東京に弾き飛ばされてしまった?! まさか……」

時空を超えて浮き彫りになっていく人間模様、そして夫婦の愛を巧みに描いた秀作。

■著者紹介

恵 美啓(けいよしあき)

戦後日本“独立”時、関西で生まれ、東京で育つ。

転職5回くらい、転居10回以上。

性自認は生まれたままの男、恋愛対象は女性。

著書に新書あり。フィクションは初。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。