制作実績

サンパギータの残り香

このロマンは革命の中で始まった――。

ジャンル
小説 エンターテイメント
シリーズ
電子書籍のみ
著者
・著
ISBN
判型
ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

内容紹介

"通信機器メーカーに就職した正嗣は、最初の2年間シカゴで勤務するが、その後フィリピンへのマニラへと異動になる。

独裁政権末期の中でも、逞しく生きるフィリピンの人たちに触れ、少しずつフィリピンに愛着が湧いてきた正嗣。ある日、友人である丈に紹介された女性・ローズに出会い結婚するが……。
エドゥサ革命前後の情勢をリアルな筆致で疾走する、フィリピンでの出会いと別れの物語。"

■著者紹介

栗文雄田(くるぶみゆうでん)

1957年、東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。東南アジア旅行の地上手配代行会社(ランドオペレーター)に28年間勤務。

現地駐在スタッフとしてタイ、フィリピン、シンガポール、香港などで多くの日本からの旅行客をケアーした。

特にタイでの駐在は17年に渡り、内13年間(株)アル・トラベスクのバンコク支店長を務めた。

旅行業界を離れた後、第二の人生のライフワークとして長い東南アジアでの現地体験から得た題材をテーマにした小説の執筆を始める。

テキストのコピーはできません。