制作実績

ある朝、突然手足が動かなくなった ギランバレー症候群闘病記

12月25日の早朝、目を覚ましたら首から下は動かず、まともに歩くことができなくなっていた。

本当に突然の出来事だった。

ジャンル
自伝
シリーズ
電子書籍のみ 新刊
著者
・著
ISBN
判型
ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

プロローグ

第1章 急激な進行

第2章 せん妄との闘い

第3章 リハビリ医院へ

第4章 退院後の生活

エピローグ

内容紹介

予兆のない発症、そして数日以内の急速な進行が特徴の『ギランバレー症候群』。

最も重い「レベル5」と診断され、全身の筋肉の「まひ」や、それによる呼吸困難、幻覚・幻聴などの「せん妄」等数々の症状に苦しまされた著者。

有病率10万人に1~2人という珍しさゆえ、未だ解明されていないこの病。その発病から回復までを当事者の視点から記録し、医療現場の様子などまでを克明に描いたドキュメンタリー。

市川 友子(いちかわ ともこ)

1955年東京生まれ。

旅行と読書とエッセイ執筆が趣味の専業主婦。

2018年12月ギランバレー症候群発症。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。