制作実績

がん宣告、そして伊豆へ

胃がんを乗り越え、日常を取り戻すまでの男の懸命な姿を描いた物語

ジャンル
小説
シリーズ
電子書籍のみ 新刊
著者
・著
ISBN
判型
ページ
出版年月日
価格
550円(税込)

目次

はじめに
  今
手術前
一 がん告知
二 決断
手術・手術後
一 手術・入院
二 自宅療養
三 伊豆旅行
四 人間とは
五 人生とは
あとがき
  現在

 

内容紹介

平成二十七年(二〇一五年)九月十二日。
戸隠登志夫は、伊豆の地でがん宣告を受けた二年前のことを思い出していた。
治療中、窓越しに見える伊豆の大自然を見ながら、

「人生」について深く考えた登志夫が辿りついた答えとは――。

■著者紹介

戸塚加志夫(とづかかしお)
1955年静岡県菊川市生まれ。

地元の小学校、中学校を卒業。静岡県立掛川西高等学校卒業。

1979年神奈川大学経済学部卒業。地元の金融機関に就職。

自分の性格に合っていないと思い、1年で退職。

小学校教諭免許取得のため玉川大学文学部(通信)修了。
1981年静岡県掛川市公立学校教員となり、40年間静岡県内の小学校に勤務。

2021年より菊川市教育委員会学校教育課相談員となり、不登校児童や生徒の対応をしている。

2018年より保護司としても活動している。

趣味は草野球で、還暦野球チームの掛川ファイターズに所属。

また、菊川市軟式野球協会の事務局長もしている。


あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。