自費出版:HOME > 「売る」書店マーケティング部門

キャッチ画像 江崎

どんな名作も、それが読者の手に届かなければ意味がありません。
幻冬舎ルネッサンスでは、幻冬舎グループの書店流通網を使い、プロの作家や著者と同様に大型書店を中心とした全国約4,200店の特約店へ流通を行います。書店への販促活動を行う専門チームが、過去の販売データや実績を元にした配本戦略により、徹底的に作品を売り込んでいきます。

 

私たちの使命

 

著者が魂を注ぎこんだ作品を、一人でも多くの読者に届けること。
それが私たち書店マーケティング部の使命です。

「自費出版の書籍は書店に並ばない」「書籍は売れない時代」
そんなことを思われているのが今の出版業界の現状です。

私の仕事は、一人でも多くの方に作品を届けることです。
「どんなメッセージが込められているのか」「誰に読んでほしいのか」
「どんな方が買ってくれるのか」「どの書棚に置けば目に留まるのか」

著書を深く理解すると共に、今後の展望に対して強い責任感を持って取り組んでいます。書店員との水面下の交渉事も多くありますが、何よりも著者が出版したことに喜びを感じてもらえることが第一だと私は考えています。

 

 

取り組み

 

打ち合わせ

毎朝の朝礼に加え、週1回の他部門を含めたプロモーション戦略会議。
書店営業の新刊書籍の搬入準備、新聞広告と合わせた書店展開の戦略など、誰にいつ、どのように書籍を届けるか、入念な打ち合わせを行います。

 

電話営業

幻冬舎グループの流通網を生かした特約店書店を中心に、電話にて注文の交渉を行っていきます。「幻冬舎ルネッサンスの書籍であれば、いつも通り10冊で」など、レーベルや幻冬舎ブランドに信頼を持って頂いている書店さんも少なくありません。

 

書店への訪問

書店が比較的空く時間を狙い、定期的に挨拶回りに伺います。書籍の売れ行きや動向をヒアリングしつつ、POPの設置やより良いコーナーへ置いてもらえるよう交渉を行っていきます。

 

 

よくある質問

 

 書店ではどのくらいの期間展開がされますか?

 幻冬舎グループの新刊として、平均して1ヶ月~3ヶ月、面出し・平積みの展開を継続していきます。
(書籍や書店ごとの売れ行きによって大きく異なります。)

幻冬舎ルネッサンスの自費出版は、基本的に廃盤とならないモデルをとっているため、新刊としての流通が落ち着いた後には、売れ行きの良い店舗へ本を流通させる「再配本」も行っていきます。

 

 インターネット上での流通はありますか?

 Amazonはもちろん、楽天ブックスや紀伊国屋書店での通販などにも流通をさせていきます。

 

 自宅や勤務先近くの書店に並べたいのですが、方法はありますか?

 以下の2つの手法がございます。

① 並べたい書店を具体的にお伺いし、書店営業から直接お電話などで交渉をする方法
作品のジャンルとご要望のある書店の特色が異なる場合もございますので、必ずご展開ができるとは限りません。

② 買取による書店での展開施策
一定数の書籍をご要望の書店から買い取って頂くことで、最大で1ヶ月間、優先的に書籍を並べて頂くことが可能となります。ご実施時期、必要な冊数などは書店によって異なりますので、是非ご相談ください。

書店流通戦略に関するご質問は、お気軽にお問合せフォームよりご連絡ください。

  • まずは会社案内から 資料請求
  • 予算や作品について相談をしたい 出版相談会
  • 出来上がった作品をみてもらう 原稿応募
  • 書籍の出版や執筆活動にお役立ていただけるセミナー

各種お問い合わせ

  • TEL03-5411-7188

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目9番7号

アクセスマップはこちら

企業出版をお考えの方

Facebook 幻冬舎ルネッサンス新社編集部


お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント