著者インタビュー

中山てつや様

執筆内容に関して、当初より担当編集者に共感して頂いたことがとても印象的でした。

『人事の本質』

もう上司の好き嫌いに振り回されない!
●どんなに仕事を頑張っても正当に評価されない
●自分より仕事ができない同期が、なぜかドンドン出世していく
●理不尽な理由で人事異動させられた etc…
知らなかったでは済まされない!
人事評価のウラオモテ

『人事の本質』

幻冬舎ルネッサンスから2017年に『人事の本質』を出版した中山てつや氏。出版を決意したきっかけや出版後の変化を伺った。

 

-―出版をされたきっかけや目的は何ですか?

中山 キャリアコンサルタントとして今日に至るまで、日々の仕事や職場の人間関係に悩みを抱えた数多くのビジネスパーソンとお会いしてきました。話の中で自らの経験に基づいたライフキャリアプランの大切さを伝えきましたが、一人ひとりと会って伝えるには限界があります。そこで、今回その内容をもっと多くの方に知ってもらえればと思い、執筆を決意しました。今後のキャリアを構築する上で少しでもお役に立てれば幸いです。

 

-―出版前後で何か変化はありましたか?

中山   知人からは「読みやすかったので2時間で読んでしまった。お前の話を2時間聞くよりもはるかに面白かった!」との感想をもらいました。更に、「30過ぎの子供に話したら興味があるというので読ませることにした」とも付け加えてくれました。また、妻の友人からは「こんな考え方もあるんだ。主人にも読ませなくては……」とのコメントを頂きました。50過ぎの主婦にも伝わるものがあるということは想定外だったので、本当に驚いた次第です。今後はライフワークの一環として、継続的に執筆していこうと考えています。

 

-―出版社や編集者とのやり取りで印象深かったことはありますか?

中山 執筆内容に関して、当初より担当編集者に共感頂いたことがとても印象的でした。まさに納得のいく書籍が出来上がったスタートラインだったような気がします。また、未熟な文章を出版に耐えうるレベルにまで引き上げてくれたことに、心より感謝しております。出版後も積極的なパブリシティ活動を展開して頂き、本当に有難く思います。

 

-―原稿に散りばめたこだわりや制作秘話など、ご著書の紹介をお願いします。

中山 体験したことや読み聞きしたことが極力リアルに伝わるよう、「口頭語」の活用や「引用文」の挿入に拘りました。更に、読み手が読み易くなるような文章に心掛けたつもりです。本音の部分はカッコ書きにて対応したところもあります。

 

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。