著者インタビュー

山中 もとお様

新規開拓のキッカケとなるようなお話を頂き、出版して良かったと思いました。

『はじめてのコンテンツマーケティング』

ビジネスにはファンを獲得することが成功の法則であるといわれます。
本書は手間とお金をほとんどかけずにファンを掴むその手法を大公開。
ITのスペシャリストがあますところなく教える「コンテンツマーケティング」の真髄とは?
その始め方と続け方を徹底解説!

『はじめてのコンテンツマーケティング』

幻冬舎ルネッサンスから2017年に『はじめてのコンテンツマーケティング』を出版した山中 もとお氏。出版を決意したきっかけや出版後の変化を伺った。

 

-―出版をされたきっかけ・目的は何ですか?

山中 起業からWebのコンテンツマーケティングに携わっておりましたが、小規模な会社のため営業リソースが足りなく、当社のサービスをご存知では無い企業に対しての告知の意味を込めて執筆しました。

 

-―出版前後でどのような変化がありましたか?

山中   出版前は取引先や同業者からどのようなリアクションが来るか、正直不安でしたが出版後は実直な感想と新規開拓のキッカケとなるようなお話を頂き、出版して良かったと思いました。

 

-―原稿に散りばめたこだわりや制作秘話をお聞かせください。

山中 執筆自体に時間が掛からなかったと思いますが、イラストや図表のデザインなど社内の協力を得て作成する事ができました。この部分に関してはもう少し時間をかけて、作成すべきだったと後悔しております。文章以外の配置に関する事に関しては良い勉強になりました。

 

-―読者へのメッセージをお願いします。

山中 これからコンテンツマーケティングを始めたい、でもどうすれば良いか分からない、そんな方々に手にとって頂ければと思います。

 

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。