著者インタビュー

自分の創作した世界が他者と繋がることの充実感を得ました。

僕の傍には、いつもあなたがいた――。
ページをめくるたびに染み入るように流れ込んでくる、10代後半から20代にかけての繊細な心の動き。
大人になってしまったあなたへ贈る、みずみずしくも深い16篇の詩を収録。

―出版のきっかけを教えてください。

10代前半より小説や詩などの執筆活動を細々と続けておりました。しかし文学と無関係な職業に就き日々忙殺される中で、むしろ自身の中で創作意欲が膨らんでくるのを実感した時期がありました。大人になった現在の自分として作品を新たに書いていく前に、思春期や青春時代に苦悩しながら絞り出した詩をスタートラインにできたらと思い、しまっていた原稿を応募したのがきっかけでした。

―編集者とのやりとりで思い出深かったことはありますか?

詩は小説に比べると、作品のもつ意味や意図が伝わりにくいことも多いかと思いますが、編集者が的確に汲み取ってくださいました。作品に込めた若者の内に横たわる普遍性を共に確認し、それを世代の違う若者に読んでもらうためにどのように本作りをしたら良いかを何度も電話で議論しました。特に表紙の作成(本文からのイメージ作りや、イラストレーターの方への依頼など)には、お互い重きを置いていたと思いますので、楽しく思い出深い行程の1つです。

―出版後のお気持ちを教えてください。

自身の書いた作品が想像していた以上に多くの書店に多くの部数置かれているのを目の当たりにし、始めは畏怖の念しか抱きませんでした。度々、立ち寄る書店でほんの少しずつながら数が減っていくのを見て出版して本当に良かったと思いました。本を手に取り購入してくださった方がどんな人間なのか、どの詩やどの言葉に目を留めたかを想像するようになり、自分の創作した世界が他者と繋がることの充実感を得ました。そのおかげで今後表現していきたいことの幅も広がったようにも思います。

Amazon書籍詳細はこちら

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談ください。

03-5411-7188

営業時間:平日10:00〜18:30

.
テキストのコピーはできません。