コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 日本文学のジャンル―無頼派とは?―

コラム

日本文学のジャンル―無頼派とは?―

日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。
その中で今回は「無頼派」と呼ばれる作家たちをご紹介します。

さまざまな作家や芸術家の、思想背景を知ることは、物書きさんにとってはインスピレーションの源になるかと思います。
無頼派作家たちの思想に触れることで、作品の構想が浮かんでくるかもしれません。

 

無頼派とは

 

無頼派(ぶらいは)は、第二次世界大戦後、近代の既成文学全般への批判に基づき、同傾向の作風を示した一群の日本の作家たちを総称する呼び方です。

他の流派のように象徴的な同人誌はなく、範囲が明確かつ具体的な集団ではありませんが、
無頼派と呼ばれる作家たちの共通点は、「個々の各作家たちが自分たちで新しいイデオロギーを作った」ということが挙げられます。

「戦前、戦時中のイデオロギーなど知るものか、しかし戦後の新しいイデオロギーも信じない」
「俺たちには俺たちの生き方がある」
無頼派作家たちのスタンスは簡単に言うとこんな感じです。

無頼派の「無頼」とは破天荒で、無軌道な生き方をする作家たちの総称ではありません。
既成の文壇で「良し」とされている文学スタイルに反発する形で、作品を生み出した作家たちのことを言い、彼らの「何にも頼らずスタイルは自分で作る」という姿勢を指しています。

 

無頼派の最も有名な作家2人

 

無頼派作家とは、坂口安吾、太宰治、織田作之助を中心に、石川淳、伊藤整、高見順、田中英光、檀一雄などを指します。

無頼派の代表格となる作家と言えば、「坂口安吾」と「太宰治」でしょう。
この2人は同じ流派でくくられてはいるものの、どのように「無頼」であったかは少し違っていました。

2人の姿勢を説明する時、「生きること」というキーワードが外せません。

〔太宰治〕
太宰は自らが名家の生まれであることをうじうじと悩み、その富裕層特有の退廃的な精神的虚無や、体の虚弱を取り繕うために、「道化」となることを選びました。
道化と言うと一見明るい印象を受けますが、その裏には太宰の「生への絶望」が隠されています。

「生への絶望」を常々感じていた太宰は、狂言的ともいえる自殺未遂を幾度となく繰り返し、結果的に死んでいきます。

太宰は活躍したその当時、志賀直哉が正統派とされていたため、文学的な「無頼」の姿は、
正統派に対する反発でしたが、彼の人間的な無頼の姿は、人間が人間として在り得るための根本的条件である「生」にも頼らず、破滅的に生きた点にあるでしょう。

また、知識の一つとしてのご紹介ですが、「無頼派」という言葉を使い始めたのも太宰だそうです。
太宰の戦後第一作目の『パンドラの匣』で「私は無頼派(リベルタン)ですから」という一文が「無頼派(リベルタン)宣言」と言われています。

〔坂口安吾〕
安吾も裕福な生まれであったことは太宰と共通しています。
しかし彼は太宰とは違い、限りなく「生きること」にこだわりました。

彼は「人間は堕ちるところまで堕ちて、そこで人間としての在り方を問うべき」と代表作『堕落論』の中で述べています。
そのためには「生きる」ことは必要不可欠ということです。

安吾も、薬物中毒や大酒飲みであったりとなかなか破滅的に生きた男でしたが、その「堕ちた」生活を開き直って居座り、自身の弱さを克服し、新しいイデオロギーを生み出したのです。

 

無頼派作家たちから学ぶこと

 

彼らの文学的スタンスは「ニヒリズム」などと形容されることもありますが、これは誤っ
た解釈であり、彼らは厭世家であったわけではなく、「新しい文学の形を作り出そう」とい
う力強い創造欲求を体現した革新者たちだったのです。

 
一覧に戻る

その他のコラム

自著『奪われた若き命・戦犯学徒兵、木村久夫の一生のこと』 (2)
(『奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生』の著者によるコラムです)  本書出版後、私は一人の方の投稿…
自著『奪われた若き命・戦犯学徒兵、木村久夫の一生のこと』(1)
(『奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生』の著者によるコラムです)  2015年(平成27年)11月…
前年比24.7%増! 今知っておくべき電子書籍市場について
  年々勢いを増す電子書籍市場。 2016年度の電子書籍市場規模は推定1,976億円といわれ、紙の書籍…
本の「帯」はそもそもなぜ必要なのか?
  新刊の書籍にはほぼ必ずといっていいほど「帯」がついています。 本は帯がなくてもISBNやCコードな…
芥川賞・直木賞受賞作、一挙紹介!!
  2018年1月16日(火)に日本文学振興会が第158回、芥川賞・直木賞を発表しました。 毎年注目を…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント